居住地の変更

ページID1000729  更新日 平成30年9月22日

印刷大きな文字で印刷

※届出人様の本人確認書類をご持参下さい。

転入

転入とは、新たに市町村の区域内に住所を定めることをいいます。次の3つの場合があります。

  1. 他の市町村から住所を移した場合
  2. 国外から転入してきた場合(転出証明書はありませんので、パスポートをご持参下さい。)
  3. 従来、定まった住所のなかったものが、新たに住所を定めた場合

転入された方は、転入をした日から14日以内に転入届をしてください。届出には転出証明書と印鑑をお持ちください。

なお外国人の方は、在留カードまたは特別永住者証明書もご持参下さい。

転出

転出とは、市町村の区域外に住所を移すことをいい、国外に転出する場合もふくまれます。転出には世帯全員が、そのまま他の市町村へ住所を移す全部転出、一部の者が住所を移す一部転出があります。

なお平成24年7月9日以降を転出の予定日とされる場合、外国人の方も転出手続きが必要となりますのでご注意ください。

印鑑登録は転出予定日前日まで有効です。必要な場合は「転出証明書」を窓口に提示して印鑑証明書の申請を行ってください。住民票についても同様です。なお、印鑑登録は転出予定日を過ぎると自動的に抹消されます。

転居

転居とは、同一の市町村の区域内において住所を変更することをいいます。

転居された方は、転居をした日から14日以内に転居の届をしてください。転居前に届を出すことは出来ません。

なお外国人の方は、在留カードまたは特別永住者証明書もご持参下さい。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 市民課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3561(市民係)
電話:0737-22-3558(人権啓発係)
ファクス:0737-82-2424,0737-83-6332
市民福祉部 市民課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。