ひきこもりに関する相談について

ページID1002638  更新日 令和1年9月2日

印刷大きな文字で印刷

おひとりまたは家族だけで悩んでいませんか?

「ひきこもり」とは

「ひきこもり」の定義は、概ね6ヵ月以上自宅にとどまり続け、社会参加(学校に行く、仕事をする、友人と遊ぶなど)をしない状態をさします。この定義からも「ひきこもり」とは、「状態」をさすものであって、病気や症状をさすものではありません。
ひきこもっている方の多くが、家族以外との対人関係をもつことが難しい状態となっていますが、他者と直接的な交流をもたない外出(買い物やドライブ)であれば可能な方もいます。

ひきこもりの背景には、周囲との人間関係、病気や障がいなど、さまざまな要因が相互に絡みあっており、その一つ一つを丁寧に整理し、今後の道筋を考えていく必要があります。
そのためにも、おひとりやご家族だけで悩まず、相談機関にご相談ください。

相談窓口

相談機関

支援内容

電話
有田市保健センター

ひきこもりに関する相談支援

(平日午前8時30分から午後5時15分)

0737-82-3223 

 

ひきこもり地域支援センター

ひきこもり相談電話「いっぽライン」

和歌山県が設置するひきこもりに特化した一次相談窓口

(平日午前9時から午後5時45分)

073-424-1713

湯浅保健所

相談窓口 ※必要に応じて訪問支援

(平日午前9時から12時、午後1時から午後5時)

0737-63-4111

(代表)

ひきこもりサポート事業について

有田市では、令和元年度よりひきこもりサポート事業を実施しています。
本事業にて、NPO法人エルシティオ(和歌山市)と連携し、ひきこもりに関する相談支援及び居場所の提供を行っています。

NPO法人エルシティオ

〒640-8319
和歌山市手平6-112-1
電話:073-432-2170

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 保健センター
〒649-0304 和歌山県有田市箕島27
電話:0737-82-3223
ファクス:0737-82-5302
市民福祉部 保健センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。