有田市移住交流拠点施設『くらしちゃる矢櫃』

ページID1001037  更新日 平成30年12月14日

印刷大きな文字で印刷

『くらしちゃる矢櫃』でお試し暮らししませんか

有田市の南西部に位置する、海に面した坂のまち「矢櫃(やびつ)地区」。

平成29年7月、この地区にある1軒の空き家を改修し、お試し居住ができる『有田市移住交流拠点施設 くらしちゃる矢櫃』が誕生しました。

「田舎暮らしに興味がある」「海のそばでの暮らしを体験してみたい」など、少しでも興味をお持ちの方は、ぜひご利用ください。

 

写真:矢櫃地区の風景

写真:外観

写真:リビング


ご利用できる方

有田市への移住希望者等

施設住所

和歌山県有田市宮崎町1711-2

利用期間

1泊2日以上4泊5日以内

利用料(くらし体験料)

  • 1人目1泊あたり3,000円。2人目以降1人につき1泊あたり1,000円加算。
  • 小学校就学前の方は無料。
  • シーツ類レンタル代は利用料とは別途お支払いいただきます。(1人1セット 税込300円)
利用料早見表
  1泊2日 2泊3日 3泊4日 4泊5日
1人 3,000円 6,000円 9,000円 12,000円

2人

4,000円 8,000円 12,000円 16,000円
3人 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円
4人 6,000円 12,000円 18,000円 24,000円
5人 7,000円 14,000円 21,000円 28,000円
6人 8,000円 16,000円 24,000円 32,000円

付属備品

「付属備品一覧」をご覧ください。

使用者が用意するもの

  • 食料品(調味料などもありませんので、必要な分をご用意ください)
  • タオル・シャンプー・リンス・石鹸・洗面用具・衛生用品・パソコン 等

※ご利用前に下記をご一読ください 

申込方法

  1. 仮予約
    予約状況カレンダーで希望する期間をご確認後、使用希望日の2か月前から20日前までを目途にメールまたは電話にて仮予約を行ってください。
  2. 本申込み
    使用を希望する2か月前から14日前《必着》までに、利用申請書に必要事項を記入のうえ、身分証明書(免許証・パスポート・健康保険証等)の写しを添えて郵送または持参にて提出をお願いします。
    ※期限までに申請書の提出がなかった場合は、自動的にキャンセルとなります。
  3. 市は、申請書を受理した後、使用の可否を審査します。
  4. 使用を許可する場合は、有田市移住交流拠点施設利用承認書を交付します。

注意事項

  • 利用期間の希望については、申し込みの受け付け順で調整させていただきます。
  • ご利用の際には必ず有田市移住交流拠点施設要綱をお読みください。

メールによる仮予約

宛先:Eメール:keieikikaku@city.arida.lg.jp
件名:『くらしちゃる矢櫃お試し居住』

  1. 申請者の氏名(ふりがな)
  2. 生年月日
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. メールアドレス
  6. 利用人数
  7. 利用期間
  8. 利用の目的(簡潔にご記入ください。)
  9. くらしちゃる矢櫃を知ったきっかけ

お申し込み・お問い合わせ

〒649-0392 和歌山県有田市箕島50番地
有田市役所 経営企画課 まちづくり係 
電話:0737-83-1111
(お問い合わせは、平日の8時30分から17時15分までとなっております。)

矢櫃地区の情報

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

経営管理部 経営企画課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-83-1111(内線:322,392)
ファクス:0737-82-1725
経営管理部 経営企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。