指定給水装置工事事業者の更新制度について

ページID1002668  更新日 令和2年2月20日

印刷大きな文字で印刷

指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について

水道法の一部が改正されたことに伴い、令和元年10月1日より指定給水装置工事事業者の指定更新制が導入されます。この改正法により、指定の有効期間が従来の無期限から5年間となることから、有田市で指定を受けている給水装置工事事業者は、有効期間内での更新手続きが必要となります。

初回の更新手続きにつきましては、政令の規定に基づき、従前の制度で指定を受けた日によって、更新までの有効期間(1年~5年)が異なります。

有効期間及び更新の受付期間

有田市指定番号

初回の更新までの

指定の有効期限

初回の更新申請期間

(予定)
1-62 令和2年9月29日まで

令和2年2月

~令和2年8月末

63-94 令和3年9月29日まで

令和3年2月

~令和3年8月末
95-120 令和4年9月29日まで

令和4年2月

~令和4年8月末
121-139 令和5年9月29日まで

令和5年2月

~令和5年8月末
140-152 令和6年9月29日まで

令和6年2月

~令和6年8月末

有田市指定番号は、指定給水装置工事事業者一覧で確認できます。

該当する期間をご確認のうえ、期間内での手続きをお願いします。なお、早期に手続きを行った場合にあっても、次回の有効期間の開始日に変わりはございません。

初回の更新申請の手続きは、水道事務所から事前に郵送にて通知します。

 

更新手続きについて

指定番号1~62 指定有効期限が令和2年9月29日までの事業者の方には、更新案内を郵送しています。更新受付期間内にお早めに手続きをしてください。

更新受付期間 令和2年2月19日~8月31日

受付場所 有田市水道事務所 有田市新堂199番地1

提出書類

  1. 指定給水装置工事事業者指定申請書(別記第1号様式)
  2. 誓約書(別記第2号様式)
  3. 機械器具調書(別表)、及び各種写真(機械器具・事務所外観・内部・資材保管所・車両等)
  4. 定款及び登記事項証明書(法人)又は住民票の写し(個人)
  5. 主任技術者の免状番号を確認できるもの(免状又は技術者証の写し)
  6. 納税証明書(入手できる最新のもの)
  7. 事業所の所在がわかる位置図
  8. 指定給水装置工事事業者 指定更新時確認事項(別紙1)
  9. 給水装置工事配管技能者証(配水管への穿孔工事を行う場合)

下部より、指定給水装置工事事業者のみなさまへ をお読みください。

更新手数料10,000円が必要となります。(事業者証発行時)

更新に必要な書類の様式で、1.指定給水装置工事事業者指定申請書(別記第1号様式)と2.誓約書(別記第2号様式)3.機械器具調書(別表)、は「指定給水装置工事事業者の登録・変更」のページの下段からダウンロードできます。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

水道事務所
〒649-0303 和歌山県有田市新堂199-1
電話:0737-83-2141
ファクス:0737-82-4453
水道事務所 へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。