マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

ページID1002856  更新日 令和2年10月16日

印刷大きな文字で印刷

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

令和3年3月(予定)から、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。

  ※マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには事前登録が必要です。

  ※医療機関・薬局によって利用開始時期がことなります。

  (令和5年3月末までに概ね全ての医療機関・薬局で利用できることを目指しております。)

 

マイナンバーカードの健康保険証としての利用について

マイナンバーカードの健康保険証利用の申込みについて

よくあるご質問について

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 健康課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3504(保険年金係:保険資格・年金担当)
電話:0737-22-3506(保険年金係:保険税・保険料担当)
電話:0737-22-3512(保険給付係:特定健診担当)
電話:0737-22-3514(保険給付係:高額療養費等給付担当)
ファクス:0737-83-6205
市民福祉部 健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。