幼児教育・保育の無償化について

ページID1002665  更新日 令和1年10月4日

印刷大きな文字で印刷

 令和元年10月1日から、3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園等の利用料が無償化されます。ただし、給食費(ごはん等の主食費、おかず等の副食費)、通園送迎費、行事費などは、無償化の対象外となり、これまでどおり保護者の負担になります。

令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります

対象者

0~2歳児

市民税非課税世帯のみ

対象施設

  • 保育所

  • 認定こども園(保育所部分)

3~5歳児

すべての子ども

対象施設

  • 保育所

  • 幼稚園

  • 認定こども園(保育所部分)

  • 認定こども園(幼稚園部分)

 

副食費について

年収約360万円未満の世帯や第3子以降の子どもに係る副食費(おかず・おやつ等)については無償化されます。

預かり保育について

幼稚園、認定こども園(幼稚園部分)終了後に利用する預かり保育については、月額11,300円までの範囲で無償化されます。ただし、別途保育の必要性があると認定を受ける必要があります。

※ 満3歳(満3歳になった後の最初の3月31日までの間)の方は、市町村民税非課税世帯の方に限り、月額16,300円。

認可外保育施設・一時預かり事業・病児保育事業・ファミリーサポートセンター事業について

0~2歳児

市町村民税非課税世帯の方に限り、月額42,000円までの範囲で無償化されます。

ただし、別途保育の必要性があると認定を受ける必要があります。

3~5歳児

月額37,000円までの範囲で無償化されます。

ただし、別途保育の必要性があると認定を受ける必要があります。

国の検討状況

国の検討状況等につきましては、下記のリンクから内閣府ホームページにてご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 福祉課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3526(障害福祉係)
電話:0737-22-3524(子ども係)
電話:0737-22-3522(民生係)
電話:0737-82-3711(家庭児童青少年相談室)
ファクス:0737-83-6205
市民福祉部 福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。