子どもを預けたいとき 一時預かり保育

ページID1001092  更新日 平成31年3月11日

印刷大きな文字で印刷

一時預かり保育

保護者の就労、疾病、出産、病人の看護、冠婚葬祭等により一時的に保育が困難になった場合、また父母の育児に伴う負担を軽減するために行います。
お預かりできない場合もありますのでご了承ください。

対象児童
0歳児(生後6ヶ月以上)から就学前の乳幼児
保育時間
6月から3月の平日および土曜 週2日まで(日曜祝祭日、年末年始はお休みです。行事により利用できない場合があります。)
平日 8時30分~17時15分
土曜 8時30分~12時00分
実施場所
そとはま保育所
利用料金
3歳未満児 1日1,800円
3歳以上児 1日1,200円
その他 飲食費、保険料等が必要です。

【お問い合わせ・お申込み先】
そとはま保育所 8時30分~17時15分
電話:0737-82-2865

一時預かり事業

通所支援事業所「さくらんぼ」

発達につまづきがあるなど、より丁寧な保育や支援が必要な児童に対して、集団での遊びや生活の楽しさを経験することを通じ、人として豊かに成長し、発達する機会を保障するための療育的保育・学童保育を行います。

未就学児

保育時間
月曜~金曜、9時~15時30分
(12月29日~1月3日は除く)
定員
20人

就学児

保育時間
月曜~金曜…児童の通う学校の終わる時点から17時
土曜(月2回)…13時~17時
定員
10人

所在地:和歌山県有田市宮原町東215番地 福祉館なごみ2階
電話:0737-22-8572

【お問い合わせ先】
福祉課 8時30分~17時15分
電話:0737-83-1111

お父さんだってできるんだ!

子育てする父親がかっこいい

育児の楽しさや大変さは、関わってみなければわからないもの。今しかできないこと、今だからできることがたくさんあります。

イラスト:パパが子育てに関わると、ママも助かる

着替え、オムツ換え、ミルクや離乳食の手伝いをすることでママの育児負担を解消でき、ママに余裕ができます。
二人三脚の育児で、ママも育児不安やストレスを一人で抱え込まずにすみます。
パパとの家事・育児分担で、ママの職場復帰や仕事と家庭の両立もスムーズになります。


イラスト:パパが子育てに関わると、子どもの健やかな成長・発達にプラス

イラスト:赤ちゃんとパパ

赤ちゃんは、パパとママの愛情を受けて健やかに育つことができます。
パパとママが仲良しだと、子どもの気持ちも安定し、良い親子関係を築くベースになります。
パパとママの得意分野で子どもの遊びのレパートリーが増えます。


イラスト:パパの子育ては仕事にもメリット

子育てに関わると時間の制約があるので時間意識が高まり、仕事の生産性が向上します。
育児休暇取得などに備えて、チーム内での情報の共有化や、仕事の可視化などに気を配るようになります。
子育てを通じて視野が広がり、新たなアイデアや企画力が磨かれます。
ハプニングが付き物の子育ての経験を通じて、状況判断力、瞬発力、危機管理能力が向上します。


イラスト:子育てを通じて、人脈や活動範囲が広がる

子育てを通じて、地元に子ども関係の知り合いやネットワークができます。
子どもに関わる活動の役員などを引き受けることで、地元との関わりが増え活動範囲が広がります。


編集・発行:
東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(厚生労働省委託・平成21年度)
「父親のワーク・ライフ・バランス~応援します!仕事と子育て両立パパ」ハンドブック参照

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 福祉課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3526(障害福祉係)
電話:0737-22-3524(子ども係)
電話:0737-22-3522(民生係)
電話:0737-82-3711(家庭児童青少年相談室)
ファクス:0737-83-6205
市民福祉部 福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。