奨学金返還支援助成事業

ページID1003401  更新日 令和3年5月10日

印刷大きな文字で印刷

有田市奨学金返還支援助成制度を創設

有田市内で奨学金の返還をしながら働く若者の経済的負担を軽減することにより、市内への定住を促すことを目的に、奨学金の返還者に対し、返還額の一部を補助します!

助成対象奨学金

  • 日本学生支援機構の貸与型奨学金
  • 和歌山県修学奨励金
  • その他貸与型奨学金

助成対象者

次の1~7の条件をすべて満たし、8~10のいずれかの条件に該当する場合、申請することが出来ます。

  1. 大学等に進学し、在学期間中に前条に規定する奨学金の貸与を受けた方
  2. 大学等に進学した方で、認定申請期日までに申請を行う日の属する年度の末日時点において満30歳未満の方
  3. 有田市に定住している方
  4. 有田市の市税の納付及び奨学金の返還を滞納していない方
  5. 令和3年4月1日以後に奨学金の返還を始めた方
  6. 奨学金の返還に関し他制度による助成等を受けていない方
  7. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団に関係していない方
  8. 就業している方
  9. 起業している方
  10. 個人で農業又は漁業を営む方又はその事業専従者(所得税法第57条第3項に規定する事業専従者をいう。)

  (注)次のいずれかに該当する方は、対象外です。

  • 国家公務員又は地方公務員として雇用されている方(臨時的任用職員及び会計年度任用職員等(正職員の給料表の適用を受ける者を除く。)を除く。)
  • 独立行政法人、国立大学法人、地方独立行政法人等に正規に雇用されている方

助成対象期間

助成金を受けようとする会計年度の前年度の1月から当該年度の12月までの間のうちで就業又は起業していた期間

助成額

  • 上述の対象期間における奨学金の返還額の50%(上限12万円)
  • 市内で3年継続して就業・起業の場合 100%(上限20万円)

※なお、1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額

助成金の交付手続き

手続き

申請の手続き

交付を受けるためには、まず交付対象者認定を受けてから、交付申請を行います。

申請先:有田市役所本庁4階 有田市経営管理部経営企画課

1.交付対象者認定申請

申請期間:令和3年4月1日~令和4年1月11日(火曜)までの間に、申請してください。

郵送の場合は、令和4年1月11日(火曜)必着

必要書類一覧

下記書類を認定申請期日までにご提出ください。

様式第1号_認定申請書

《添付書類》

  1. 大学等が発行する在学又は卒業を証明する書類
  2. 奨学金の借入額及び返済予定額が確認できる書類
  3. 住民票の写し
  4. 勤務先、就労状況等を証する書類
  5. その他市長が特に必要と認める書類

2.交付申請

申請期間:1の交付対象者認定を受けてから、当該年度の3月末までに、申請してください。

必要書類一覧

認定通知書を受理後、下記書類を交付申請期日までに、申請してください。

様式第7号_交付申請書

《添付書類》

  1. 奨学金の返還済額を証する書類の写し
  2. 有田市の市税を滞納していないことを証明する書類
  3. その他市長が特に必要と認める書類

要綱

marry you

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

経営管理部 経営企画課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3731(まちづくり係)
電話:0737-22-3736(財政係)
ファクス:0737-82-1725
経営管理部 経営企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。