軽度・中程度難聴児補聴器助成制度

ページID1001064  更新日 平成30年9月26日

印刷大きな文字で印刷

軽度・中等度難聴児補聴器購入費を助成します

身体障害者の対象とならない軽度・中等度の難聴のお子さんの、聞こえの改善とことばの習得を促進するため、補聴器購入費を助成します。

助成対象者(以下の要件をすべて満たす方)

  • 市内に住所を有する18歳未満の方。
  • 両耳の聴力レベルが、30デシベル以上70デシベル未満の方。
  • 身体障害者手帳の交付対象とならない方。
  • 補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断する方。
  • 市民税所得割額46万円以上の方がいない世帯に属する方。

費用負担について

  • 市が認めた額の3分の2を助成(市民税非課税世帯に属する世帯の方は全額を助成)

市が対象と認めた補聴器を新しく購入する費用、もしくは耐用年数が経過し、新たに購入する費用を対象に助成します。(修理費用は対象外です。)

購入前に申請が必要ですが、平成25年4月1日以降にすでに購入された方は助成できる場合がありますので、詳しくは下記担当までお問い合わせください。
【福祉課福祉係 内線364】

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 福祉課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3526(障害福祉係)
電話:0737-22-3524(子ども係)
電話:0737-22-3522(民生係)
電話:0737-82-3711(家庭児童青少年相談室)
ファクス:0737-83-6205
市民福祉部 福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。