河南地区避難拠点地

ページID1000697  更新日 平成30年9月27日

印刷大きな文字で印刷

河南地区避難拠点地

大規模な災害に備える

写真1:河南地区避難拠点地

南海トラフ地震による広域的な津波浸水被害や、大規模な洪水被害が発生した場合に、多人数に対応できる指定緊急避難場所、災害時緊急ヘリ発着場、自衛隊や消防の広域活動拠点としての活用を目的として、有田みかん海道沿いに約3,000人が避難できる広場を整備しました。

有田みかん海道の中央部に位置しており、紀伊水道・湯浅湾が眼下に広がる絶景ポイントで、普段は憩いの場としてご利用いただけます。

写真2
入口付近
写真3
駐車場
写真4
ヘリポート1
写真5
ヘリポート2
写真6
駐輪場

詳細

面積
約2,000㎡(平坦部)
収容人数
約3,000人
標高
160m
駐車場
12台
駐輪場
15台程度
耐震性貯水槽
20㎥
完成
平成28年9月

位置図

地図:河南地区避難拠点地

このページに関するお問い合わせ

経営管理部 防災安全課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3721
ファクス:0737-82-0710
経営管理部 防災安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。