仁平寺(にんぺいじ)

ページID1001430 

印刷大きな文字で印刷

アジサイを見下ろした写真


糸我町西の真砂谷にあり、もと真砂寺と呼ばれ、かつては七堂伽藍もあったが衰退し、仁平年間(1151~3年)に再興したものです。古刹であるが現在は無住で本尊薬師如来座像(平安末期か鎌倉時代)や阿弥陀、観世音等の古色ある像を小堂に安置しています。また、市指定文化財の兜跋毘沙門天像(鎌倉時代)があります。境内にはアジサイや白い藤の木が植えられています。

写真:仁平寺境内のアジサイ

見頃
6月中旬
入園料
無料
駐車場
無料 約7台

詳しい道順は下記リンクをご覧ください。