国民年金加入手続きについて

ページID1002407  更新日 令和1年6月19日

印刷大きな文字で印刷

国民年金制度

日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての方が加入し、社会全体で支え合う公的な制度です。職場の年金制度(厚生年金保険や共済組合)に加入していない方は、国民年金への加入が義務付けられています。下記に該当するようなときは、忘れずに国民年金の加入手続きをしましょう。

 

主な加入手続き

こんなとき

手続きに必要なもの

20歳になったとき

(厚生年金保険や共済組合の加入者は除く)

  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・通知カード等)

会社を退職したとき

(退職された方に扶養されている配偶者の方も、国民年金への変更届が必要です。)

  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 退職日を確認できる書類(退職証明書・雇用保険被保険者離職票等)
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・通知カード等)

配偶者の健康保険の扶養でなくなったとき

(収入が増えた・離職した等)

  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 扶養でなくなった日を確認できる書類
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・通知カード等)

 

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 健康課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3504(保険年金係:保険資格・年金担当)
電話:0737-22-3506(保険年金係:保険税・保険料担当)
電話:0737-22-3512(保険給付係:特定健診担当)
電話:0737-22-3514(保険給付係:高額療養費等給付担当)
ファクス:0737-83-6205
市民福祉部 健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。