国民年金保険料の産前産後免除について

ページID1002407  更新日 平成31年2月15日

印刷大きな文字で印刷

平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除となります。

免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。
(死産、流産、早産された方を含みます。)

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

届出時期

出産予定日の6か月前から届出が可能ですので、速やかに届出ください。
※ただし、届出ができるのは平成31年4月からです。

届出に必要なもの

年金手帳
印鑑

出産前の届出

出産予定日が分かる書類(母子健康手帳など)

出産後の届出

原則必要書類はありません。
ただし以下の場合はそれぞれ書類が必要です。

(1)被保険者と子が別世帯の場合
出産証明書など、親子関係が分かる書類

(2)死産の場合
死産証明書、死胎埋葬許可証などの書類

 

届出先

有田市役所 健康課 保険年金係まで

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 健康課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-83-1111(内線:保険年金係 257,保険給付係 277)
ファクス:0737-83-6205
市民福祉部 健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。