警戒レベルの導入について

ページID1002591  更新日 令和1年7月2日

印刷大きな文字で印刷

平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」(内閣府)が改定されました。このガイドラインを踏まえ、避難勧告等の避難情報を発令するときは、警戒レベルを付けて発令します。

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令

警戒レベルとは

警戒レベルは1から5の5段階で、数字が大きくなるほど、危険度が高くなります。

  • 警戒レベル3では「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されます。

   避難に時間を要する人とその支援者は避難しましょう。その他の人は避難の準備を整えましょう。

  • 警戒レベル4では「避難勧告」や「避難指示(緊急)」が発令されます。

   速やかに避難先へ避難しましょう。避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や

   自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

災害発生情報とは

  • 警戒レベル5 災害発生情報は、すでに災害が発生している状況になりますので、

   命を守る最善の行動をとってください。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

経営管理部 防災安全課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3721
ファクス:0737-82-0710
経営管理部 防災安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。