犬を飼うにあたって

ページID1001039  更新日 平成30年9月27日

印刷大きな文字で印刷

(平成30年度)

犬は正しく飼いましょう 家族同様の愛情をもって終生飼いましょう

イラスト:犬 動物愛護

登録(生涯1回)と毎年1回の狂犬病予防注射をうけましょう。

飼い犬の登録と狂犬病予防注射は、法律により飼い主の義務となっております。

なぜ、登録と狂犬病予防注射が必要なのか→(下記のページをご覧ください。)

犬の登録

新規に犬を飼い始めた時には、有田市保健センターまたは下記の開業獣医師、狂犬病予防集合注射会場で登録を行ってください。
登録料は3,000円です。

ひなた動物病院
所在地:有田市古江見57-3
電話:0737-82-2778
ひまわり動物病院
所在地:有田市新堂259-1
電話:0737-82-4111
有田動物病院
所在地:有田郡有田川町土生305-5
電話:0737-52-6699
チカワ動物病院
所在地:有田郡有田川町水尻707-5
電話:0737-52-6152
ふじもと動物病院
所在地:海南市下津町上301-3
電話:073-492-4612

また、犬の飼育をやめた時や人に譲渡した時、犬が死亡した時などは必ず有田市保健センターまで連絡をお願いします。

狂犬病予防注射

市が実施する狂犬病予防集合注射会場で受ける。

5月23日(水曜)・24日(木曜)・25日(金曜)に実施します。巡回の場所・時間については飼い主様への通知にてお知らせします。

※注射料は3,190円(注射済票交付手数料込み)です。 おつりのないようご協力ください。

動物病院等で受ける。

※ 次の犬は動物病院で相談のうえ、注射を受けることをお勧めします。

  1. 病気を持っている犬
  2. 治療・予防などの処置を受けた犬
  3. 妊娠・発情等で普段と違う状態にある犬
  4. 老犬    
  • なお、動物病院で注射を受けられた方は、動物病院または有田市保健センターにて注射済票の交付を受けて下さい。手数料は550円です。
  • 病気や高齢などの理由で獣医師より予防接種を免除されている場合は、その旨を有田市保健センターまで連絡をお願いします。

犬による危害を防止しましょう。

  • 人に害を加えないよう犬は綱やくさり等でつないだり、囲い等の中で飼うようにし、絶対に放し飼いはしないようにしましょう。
  • どうしても飼えなくなった犬等は適正に飼える人に譲渡するか、それが出来ない場合は、もよりの保健所に引き取りを求めましょう。
  • 捨て犬は、絶対にしないで下さい。
    捨て犬や、野犬にえさだけを与える無責任な人がいますが、こうした行為は野犬を増やし環境を悪化させたり悲惨な事故の原因となります。

生活環境を守りましょう。ふんの始末は飼い主の責務です。

公園、道路など公共の場所や他人の土地、建物を損壊したり、汚物で汚したりしないようにしましょう。

※野犬の捕獲に関するお問い合わせは湯浅保健所衛生環境課 電話:0737-64-1293

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 保健センター
〒649-0304 和歌山県有田市箕島27
電話:0737-82-3223
ファクス:0737-82-5302
市民福祉部 保健センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。