入湯税

ページID1003176  更新日 令和2年11月19日

印刷大きな文字で印刷

入湯税は目的税として課税され、鉱泉浴場における入湯に対して、入湯客に課せられる税金です。

税率

入湯客1人1日につき150円

課税免除

  1. 年齢12歳未満の者
  2. 共同浴場又は一般公衆浴場に入湯する者
  3. 日帰りで入湯する者(利用料金が1,000円以下のものに限る)

納入方法

入湯税は特別徴収の方法によって徴収します。

特別徴収義務者は鉱泉浴場の経営者であり、入湯客が納付すべき入湯税を徴収していただきます。

入湯税の使途状況

入湯税による収入は環境衛生施設、消防施設、観光施設の整備や観光の振興に要する費用等に充てられます。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

経営管理部 税務課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3576(市民税係:市民税担当)
電話:0737-22-3574(市民税係:法人市民税担当)
電話:0737-22-3578(市民税係:軽自動車税担当)
電話:0737-22-3582(資産税係)
電話:0737-22-3572(収納係)
ファクス:0737-82-2611
経営管理部 税務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。