令和元年度 移住推進空き家活用事業費補助金

ページID1002476  更新日 令和1年7月11日

印刷大きな文字で印刷

令和元年度 移住推進空き家活用事業費補助金の募集について

有田市では、市内空き家の有効活用と、定住促進を図るため、「わかやま空き家バンク」に登録された空き家を改修する場合に、その費用の一部を補助します。

(補助率2/3、上限80万円)

対象となる空き家

わかやま空き家バンクに登録されている空き家が対象です。

※住居として使用する場合に限られます。

補助対象者

対象となる空き家を改修する移住者で、次の条件をすべて満たす場合、申請することができます。

1. 世帯主であること。

2. 売買または賃貸借契約を締結してから、1年以内であること。

3. 改修後10年間は改修空き家に居住する意思があること。

4. 改修する空き家に居住する世帯全員が市税を滞納していないこと。

5. 世帯全員が暴力団員等でないこと。

6. 賃貸借契約の場合、空き家所有者の承諾を得ていること。

7. 過去にこの補助金を受けたことがないこと。

 

※移住者とは、転入しようとする方または転入後1年以内の方であって、転入前1年は有田市に住所を置いていない方をいいます。

補助対象となる工事

有田市内に本店、支店等の事業所を有する建築事業者が施工する改修等に要する経費で、次の条件をすべて満たす工事が対象です。

1. 屋根や外壁を含む住宅本体及び内部の改修工事で、住宅の機能向上や居住環境の向上が図られる工事。

2. 補助金の交付決定後に工事着手し、次の3月31日までに事業完了報告書の提出ができる工事。

※補助金の交付決定前に工事着手を行った場合は補助対象外です。補助金申請時に担当職員が訪問し、工事着手の有無や内容について審査することがあります。

補助金の額

補助対象となる工事費(消費税を除く)の2/3を補助金として交付します。

ただし、千円未満は切り捨てます。また、補助金の上限額は80万円です。

他の助成制度との重複

有田市が実施する「介護保険居宅介護住宅改修」「耐震改修事業」など、ほかの助成制度を利用している場合は、その補助対象額を工事金額より除きます。

手続きの流れ

1. わかやま空き家バンクに登録されている空き家所有者と売買(賃貸借)契約を締結する。

2. 有田市役所経営管理部経営企画課まちづくり係(以下「市役所」といいます)に補助金交付申請書を提出する。

3. 書類審査を経て、市役所から「交付決定通知書」が送付される。

4. 工事開始

5. 工事完了後、「事業完了報告書」を、工事開始日の次の3月31日までに市役所へ提出する。

6. 書類審査後、市役所から「補助金交付確定通知書」が送付される。

7. 「補助金交付請求書」を市役所へ提出する。

8. 補助金が交付される。

※申請後、工事内容等に変更が生じる場合、市役所に連絡のうえ変更申請を行ってください。ただし、申請時の補助金より増額することはできません。また、工事が取り止めとなる場合もご連絡ください。

申請書類

1. 補助金交付申請書【様式第1号】

2. 誓約書【様式第2号】

≪添付書類≫

3. 空き家の位置図及び平面図

4. 見積書の写し(内訳明細付き)

5. 改修前の現況を明らかにする写真

6. 改修内容を明らかにする図面

7. 施工業者を確認できる書類

8. 暴力団排除誓約書

9. 市税等完納証明書

≪場合によって必要な書類≫

10. 申請者と空き家所有者が異なる場合又は共有の場合は同意書

11. 債権者登録申請書(市役所へ依然登録をされている方は不要です。口座の変更があれば提出してください。)

12. その他市長が必要と認める書類

ダウンロード

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

経営管理部 経営企画課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3731(まちづくり係)
電話:0737-22-3736(財政係)
ファクス:0737-82-1725
経営管理部 経営企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。