イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

ページID1003179  更新日 令和2年11月19日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術 イベント・催し

画像:イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

開催日

令和3年3月14日(日曜)

開催時間

開場:午後2時30分
開演:午後3時(約120分)

開催場所

市民会館 紀文ホール

内容

ロシア出身で、京都在住のイリーナ・メジューエワさんのピアノリサイタルを開催します。芳醇なピアノの音色で贅沢なひとときをお過ごしください。

 

 

 

申込み

必要

入場チケットが必要です

ピアニスト
イリーナ・メジューエワ
チケット代
  • 一般  :前売券1500円(当日券2000円)
  • 高校生 :前売券 800円(当日券1000円)
  • 小中学生:前売券 500円(当日券800円)

【全席指定】
※前売券が完売した場合、当日券の販売はありません
※未就学児の入場はご遠慮ください

チケット販売先
  • 市民会館
  • イープラス
チケット販売日
12月12日(土曜)午前9時から販売開始
プログラム
  • バッハ:フランス組曲第5番ト長調
  • シューベルト:即興曲変ホ長調&変ト長調
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」
  • ブラームス:3つの間奏曲
  • ショパン:幻想即興曲
        :別れの曲
        :革命エチュード
        :ワルツ 変イ長調「告別」
        :英雄ポロネーズ

※曲目は変更される場合があります

プロフィール

イリーナ・メジューエワ(Irina Mejoueva)

  • ロシアのゴーリキー(現ニジニー・ノヴゴロド)生まれ。5歳よリピアノを始め、モスクワのグネーシン特別音楽学校とグネーシン音楽大学(現ロシア音楽アカデミー)でウラジーミル・トロップに師事
  • 1992年ロッテルダムで開催されたE.フリプセ国際コンクールでの優勝をきっかけに、オランダ、ドイツ、フランスなどで公演を行う。
  • 1997年からは日本を本拠地として活動を続ける。
  • バロック、古典派から近・現代にいたる作品まで幅広いレパートリーを手がけるが、近年再評価の進むロシアの作曲家ニコライ・メトネルの作品紹介にも力を入れており、2001年にはメトネル没後50年を記念したシリーズ「忘れられた調べ」でメトネルの主要作品を4夜にわたって取り上げ注目を集めた。
  • 2002年、スタインウェイ・ジャパンによる国内コンサートツアー。
  • 2003年、サンクトペテルブルク放送交響楽団と日本国内4都市で共演したほか、2005~06年にはザ・シンフォニーホール(大阪)で4回にわたるリサイタル・シリーズに出演。
  • 2006年からは毎年京都でリサイタルを開催。日本デビュー20周年を迎えた2017/18年のシーズンには東京文化会館・小ホールでシリーズ演奏会(全3回)を開催するなど、精力的な演奏活動を展開している。
  • CD録音にも精力的で、これまでに多数のアルバムをリリース。「ショパン:ノクターン全集」(若林工房)は2010年度レコードアカデミー(器楽曲部門)に輝く。
  • 2006年度青山音楽賞受賞。2015年、第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(クラシック部門、独奏・独唱部門)受賞。
  • 2017年には初の著書「ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ」が講談社現代新書より刊行された。
画像:イリーナ・メジューエワ
イリーナ・メジューエワ
主催
有田市民会館自主事業実行委員会

公式サイト

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 市民会館
〒649-0304 和歌山県有田市箕島46
電話:0737-82-2626(市民会館)
電話:0737-82-3220(図書館)
ファクス:0737-82-2655(市民会館)、0737-82-2700(図書館)
教育委員会 市民会館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。