大阪交響楽団 特別演奏会 紀文ホール名曲セレクション Part2

ページID1002744  更新日 令和2年5月28日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術 イベント・催し

大阪交響楽団 特別演奏会 紀文ホール名曲セレクション Part2 開催延期のお知らせ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月24日(日曜)に開催予定の「大阪交響楽団 特別演奏会 紀文ホール名曲セレクション Part2」の公演を令和3年1月4日(月曜)に延期いたします。
 本公演を楽しみにされていたお客様には、ご迷惑をおかけ致しますこと、心よりお詫び申し上げます。
ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

画像:大阪交響楽団特別演奏会 紀文ホール名曲セレクション part2

<延期日程>
日時:令和3年1月4日(月曜)
開場:午後2時30分
開演:午後3時(約105分)


お持ちのチケットはそのままご利用になれます。大切に保管をお願いします。
なお、延期公演にご来場いただけないお客様には、チケットの払い戻しを承ります。チケットの払い戻しご希望の方は、チケットの購入先(市民会館・イープラス)にて承ります。
※イープラスにてチケットを購入された方への払い戻しは、6月30日(火曜)までとなります。

<イープラス(入場チケット払い戻し)>

開催日

令和3年1月4日(月曜)

開催時間

開場:午後2時30分
開演:午後3時(約105分)

内容

大阪交響楽団 特別演奏会 紀文ホール名曲セレクションの第2弾を開催します。テレビドラマ「のだめカンタービレ」でおなじみのベートーヴェン「交響曲第7番」などをオーケストラ・サウンドでお届けします。

 

申込み

必要

入場チケットが必要です

チケット代
  • 一般    前売券2000円(当日券2500円)
  • 高校生   前売券 800円(当日券1000円)
  • 小中学生  前売券 500円(当日券800円)

【全席指定】1人8枚まで
※前売券が完売した場合、当日券の発売はありません
※未就学児の入場はできません

チケット販売先
  • 市民会館
  • イープラス
プログラムがモーツァルト:交響曲第26番変ホ長調から、シュトラウス:喜歌劇「こうもり」序曲に変更となりました。
プログラム
  • シュトラウス:喜歌劇「こうもり」 序曲
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調
  • ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92

※曲目は変更される場合があります

協賛
大和ハウス工業株式会社
主催
有田市民会館自主事業実行委員会

出演者

公演日の延期に伴い、指揮者が太田弦氏から阿部未来氏に変更いたしました。
何卒ご理解いただき、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
指揮

阿部 未来

プロフィール

 1985年秋田県生まれ。
 2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻(ピアノ)卒業。
 2009年東京音楽大学大学院科目等履修生作曲・指揮専攻(指揮)修了。
 これまでにピアノを、前田英樹、杉山とみえ、ロナルド・カヴァイェの各氏に師事。また声楽を築地利三郎、小島聖史の各氏に、指揮を広上淳一、船橋洋介、三河正典、 時任康文の各氏に師事する。

 2010年、アフィニス夏の音楽祭2010”山形”に指揮研究員として参加、飯森範親氏の薫陶を受ける。

 その後2011年、ロータリー財団国際親善奨学生としてドイツ国立ドレスデン”カール・マリア・フォン・ウェーバー”音楽大学指揮科に留学。指揮をE.Klemm、S. Leissnerの各氏に師事。また、オペラコレペティションおよびオペラ指揮法を、F. Brochhagen、V.Borritsの各氏に師事。また、C. Kluttigの薫陶を受ける。Landesbühnen Sachsen にて、コレペティトゥア及び指揮者として研修。また、Sorbisches National-Ensemble Bautzen、子供の為のオペラプロジェクト、E.フンパーティンク「ヘンゼルとグレーテル」にて、コレペティトゥアとしてゲスト契約。その後プレミエ公演及び追加公演を指揮。

 帰国後、2015年4月から2019年3月まで公益財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団副指揮者をつとめ、同団の自主公演を含む多数の公演を指揮。

 また、山形交響楽団、東京都交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、静岡交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、オオサカ・シオン・ウインドオーケストラ等を指揮。

ピアノ
安達 萌

プロフィール

 兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業、同大学院修士課程芸術文化専攻修了。
 第23回和歌山音楽コンクール第1位、併せて和歌山市長賞受賞。第15回高槻音楽コンクール奨励賞。第4回ベーテンピアノコンクール全国大会第1位。第6回横浜国際音楽コンクール第4位。第31回アゼリア推薦新人演奏会オーディション通過、奨励賞。第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。
 同大学卒業演奏会、西宮市新人演奏会等に出演。兵庫県立美術館、兵庫県民会館、兵庫県立芸術文化センター小ホール等、リサイタル開催。京都フランス音楽アカデミーにて、ピエール・レアク氏のマスタークラス修了。第75回吹田市交響楽団定期演奏会、第18回関西学院室内楽合奏団定期演奏会、第1回、第7回アマービレフィルハーモニー管弦楽団定期演奏会にて、ピアノコンチェルトを共演。
 これまでに林敦子、佐藤价子、三森尚子、志賀美津夫の各氏に師事。現在、株式会社アマービレ楽器ピアノ科特別講師、アマービレフィルハーモニー管弦楽団専属ピアニスト、関西現代音楽交流協会会員、Ensemble XiiTa、阪神古楽倶楽部ピアニスト、大阪成蹊大学非常勤講師。

画像:大阪交響楽団特別公演 指揮者 ピアノ奏者

大阪交響楽団

プロフィール

 1980年創立。永久名誉楽団代表・敷島博子が「聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!」を提唱。いつも聴衆を熱く感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。
 2010年4月に楽団名を「大阪交響楽団」と改称。2012年4月に支援組織と楽団を統合し、一般社団法人大阪交響楽団となり、2018年11月に公益社団法人となった。2015年4月には二宮光由が楽団長・インテンダントに就任。さらに2016年4月からは、日本楽壇最長老の外山雄三がミュージック・アドバイザーに就任。2019年4月から、新たに太田弦が正指揮者に就任し、さらなる楽団の飛躍が期待されている。

画像:大阪交響楽団

公式サイト

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 市民会館
〒649-0304 和歌山県有田市箕島46
電話:0737-82-2626(市民会館)
電話:0737-82-3220(図書館)
ファクス:0737-82-2655(市民会館)、0737-82-2700(図書館)
教育委員会 市民会館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。