第6回大阪交響楽団特別演奏会 紀文ホール名曲セレクション

ページID1004826  更新日 令和6年7月4日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術 イベント・催し

画像 第6回大阪交響楽団特別演奏会 紀文ホール名曲セレクション

開催日

令和6年10月19日(土曜)

開催時間

開場:午後2時30分
開演:午後3時
終演予定:午後5時

開催場所

有田市民会館 紀文ホール

内容

毎回好評の紀文ホール名曲セレクション、有田市でクラシックを身近に堪能していただけます。
今回は、指揮に大井 駿さん、トランペットに児玉 隼人さんを迎え、本格的なクラシックをお届けします。

申込み

必要

入場券を販売します。

チケット販売日
令和6年7月6日(土曜)午前9時から販売開始
チケット料金
  • 一般   前売券2,000円(当日券2,500円)
  • 高校生  前売券  800円(当日券1,000円)
  • 小中学生 前売券  500円(当日券  800円)

【全席指定】
※前売券が完売した場合、当日券はありません。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

チケット販売先
  • 市民会館事務所(午前9時から午後5時まで・火曜日休館)
  • チケット販売サイト イープラス
※なお、お電話での入場券の購入の申込や入場券の取り置きは一切いたしませんので、あしからずご了承ください。
 
スマイルチケット
チケットの支払いに、有田市スマイルチケットがご利用できます
指揮
大井 駿
トランペット

児玉 隼人

管弦楽
大阪交響楽団
プログラム
  • ハイドン:交響曲第88番
  • クラーク:トランペット・ヴォランタリー
  • ハイドン:トランペット協奏曲
  • メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」

※曲目は変更される場合があります

協賛
大和ハウス工業株式会社
主催
有田市民会館自主事業実行委員会

プロフィール

指揮

画像 大井 駿

大井 駿(おおい しゅん)
1993年、東京都出身。幼少期を鳥取市で過ごす。
2022年、第1回ひろしま国際指揮者コンクールにて第1位、ならびに細川賞を受賞。
ザルツブルク・モーツァルテウム大学指揮科を卒業し、ヤマハ音楽奨学支援制度創設以来初となる指揮専攻奨学生や、ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生として、同大学指揮科修士課程を修了。指揮をブルーノ・ヴァイル、イオン・マリンの各氏に師事。
これまで指揮者やソリストとして東京都交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、広島ウインドオーケストラ、モーツァルテウム管弦楽団、マイニンゲン宮廷楽団、パリ警視庁吹奏楽団、ニュルンベルク歌劇場合唱団などと共演するほか、オーストリア国営放送ORF「Ö1 Talentbörse」、テレビ朝日「題名のない音楽会」などのメディアにも多数出演。
ピアニスト、古楽器奏者や通奏低音奏者としても活動しており、2020年には迎賓館赤坂離宮にて皇室所蔵の1906年製エラールを用いたリサイタルもおこなっている。
パリ地方音楽院ピアノ科、ミュンヘン国立音楽演劇大学古楽科、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科、バーゼル・スコラ・カントルム大学院フォルテピアノ科を修了。

トランペット

画像 児玉隼人

児玉 隼人(こだま はやと)
2009年、北海道生まれ。
5歳のクリスマスにプレゼントされたコルネットをおもちゃ代わりに吹き始める。日本ジュニア管打楽器コンクール、日本クラシック音楽コンクール、下田国際音楽コンクール、大阪国際音楽コンクールなど、これまで10歳以降に出場したコンクールではすべて一位及び最高位を受賞。東京・銀座ヤマハホール「児玉隼人トランペットリサイタル」は好評を博し、多くのメディアでも取り上げられたほか、コロナ禍で始めたSNSへの動画投稿で世界中からも注目され、海外からの取材なども受ける。これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、札幌交響楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラなどと共演。トランペットを松田次史、辻本憲一の両氏に師事。その他著名な奏者のマスタークラスを多数受講。2024年度ヤマハ音楽支援制度奨学生。

管弦楽

画像 大阪交響楽団
                       © 飯島隆

大阪交響楽団
1980年「大阪シンフォニカー」として創立。
初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。
いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。
2001年1月に楽団名を「大阪シンフォニカ-交響楽団」に、'10年4月「大阪交響楽団」に改称した。
'92年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。
その後、曽我大介、大山平一郎、児玉宏、外山雄三の歴代シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。
また、'22年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。
‘06年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、'18年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。'20年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。
海外公演は'02年12月、日本・ルーマニア交流100周年記念として初のヨーロッパ公演を、また'03年3月には、日越外交樹立30周年記念としてベトナム・ハノイ市にて公演を行っている。

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

有田市民会館
〒649-0304 和歌山県有田市箕島46
電話:0737-82-2626
ファクス:0737-82-2655
教育委員会 市民会館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。