熱中症の予防について

ページID1002562  更新日 令和1年6月20日

印刷大きな文字で印刷

熱中症とは?

温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合があるので、注意が必要です。

熱中症にならないために

室温をこまめにチェックし、エアコンや扇風機等を活用しよう!

のどが渇かなくてもこまめに水分補給を!

日頃から栄養バランスの良い食事を心掛けよう!

1日1回汗をかく運動をしよう!

無理はせず、適度に休憩を!

熱中症になってしまったら

日陰で風通しの良い場所に移動し、衣服を緩めて安静に寝かせ、首の周り、脇の下、太もものつけねなど太い血管の部分を冷やしてください。

自分で飲めるようであれば水分をこまめに取らせてください。(意識が悪い場合、無理には飲ませない)

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部
〒649-0304 和歌山県有田市箕島47
電話:0737-83-0119
ファクス:0737-82-2513
消防本部 へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。