新型コロナウイルス感染症への対応について

ページID1003948  更新日 令和4年4月8日

印刷大きな文字で印刷

小・中学校における新型コロナウイルス感染症への対応

児童生徒や教職員に新型コロナウイルス感染症の陽性者を確認したときの対応については、下記のとおりとします。

 

児童生徒や教職員に新型コロナウイルス感染症の陽性者を確認したとき

湯浅保健所の指導を受けるとともに、協議を行い、次のように対応します。

A 学校内で感染が拡大する危険性があるため、臨時休校(学級閉鎖・学年閉鎖・学校閉鎖)をする場合

臨時休校をする学校の保護者の皆様に、学校メールなどで必要な情報をお知らせします。

学校から届く情報(学校メール・お便り・電話など)の取り扱いには、十分注意していただき、冷静な対応をお願いします。

B 学校内で感染が拡大する危険性がなく、臨時休校(学級閉鎖・学年閉鎖・学校閉鎖)をする必要がないと判断した場合

基本的に、保護者の皆様へのお知らせはおこないません。

陽性者や濃厚接触者は、出席(出勤)停止とします。

※ 『和歌山県新型コロナウイルス感染症に係る誹謗中傷等対策に関する条例』をふまえ、和歌山県庁が公表する内容以上の個人情報については、有田市教育委員会や学校から、公表したりお伝えしたりすることはできません。

 

保護者の皆様へのお願い

  • 毎朝、必ずご家庭でお子さんの健康観察を行い、その結果を「健康チェック表」に記入してお子さんに持たせてください。土日祝の休みの日も同様にお願いします。
  • 発熱や咳、味覚・嗅覚異常などの症状が見られる場合は、医療機関を受診するとともに、登校はしないでください。
  • 同居する家族に発熱や咳、味覚・嗅覚異常などの症状が見られる場合や、同居する家族が風邪の症状等で通院する場合も登校はしないでください。
  • 登校後、発熱などの症状が出た場合は、連絡しますので、お子さんを下校させますので、おむかえをお願いします。
  • お子さんや家族の方がPCR検査や抗原検査を受けることになった(受けた)、濃厚接触者になったときは、必ず校長へご連絡ください。プライバシーに気をつけながら、情報は管理職が取り扱います。
  • 新型コロナウイルス感染症は、感染対策をどれだけ徹底しても感染する危険性がゼロになることはなく、だれでも感染する危険性があることをご理解いただき、感染者や濃厚接触者になった方が差別、いじめ、誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう) などを受けることがないように、人権に配慮した冷静な行動をお願いします。
  • 登校させることで感染するかもしれないなど、心配なことがありましたら、学校へご相談ください。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 教育総務課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3758
ファクス:0737-82-1834
教育委員会 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。