市内各小・中学校の学校再開について

ページID1002837  更新日 令和2年5月29日

印刷大きな文字で印刷

市内各小・中学校の学校再開に伴う対応等について

 平素は、本市教育活動にご理解・ご協力くださり、誠にありがとうございます。

 政府による緊急事態宣言及び和歌山県からの学校への休校要請が解除されたことを受け、6月1日(月曜)から市内各小・中学校を再開することになりました。

 保護者の皆様には、3か月にわたったこの臨時休校の間、様々な面で多大なご苦労をいただきながら、ご家庭での子供たちの学習・生活・健康管理にご協力をいただきました。

 ここに改めて厚く感謝申し上げます。

 さて、6月1日(月曜)からは、感染症対策を引き続き徹底した上で、各校において工夫しながら、健やかで潤いのある学校教育活動を再開し、進めていきます。

 そして、子供たちと教職員との関係性を構築しながら心身の状況把握に努め、きめ細やかな指導・支援を行っていきます。

 学習については、子供たちの負担を考慮しながら、4月・5月に予定されていた授業時数を今後の学校生活の中で確保し、本年度中に学習すべき内容を全て修了できるように努めます。

 今後とも、各学校の教職員と教育委員会が一丸となり、全力で子供たちの学びと育ちを支えて参りますので、保護者の皆様におかれましては、引き続き、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

1.学校の教育活動の再開について

 6月1日(月曜)から、市内全小・中学校の教育活動を再開します。

※ 6月1日(月曜)から6月5日(金曜)の週につきましては、1時間程度の削減などの対応を取ります。

 登校に不安を感じ、家庭学習等を希望する場合には、出席扱いにするなど柔軟に対応し、家庭学習への指導や支援を行います。

2.学校における基本的な新型コロナウイルス感染症対策の徹底について

 児童生徒及び教職員の感染リスクを可能な限り低減するための感染症対策を徹底します。

 

(1)基本的な感染症対策の徹底

 登校後や休憩後など 外から教室に入るとき・給食の前後・そうじの後・トイレの後・共有のものを触ったときなどのこまめな手洗いや咳エチケットを徹底します。

 多くの人が手を触れる場所(ドアノブ・手すり・スイッチ・共用器具など)は1日1回以上消毒します。

 免疫力を高めるため、十分な睡眠・適度な運動・バランスのとれた食事などを心がけるように、発達段階に応じた指導をします。

 

(2)「3密」の回避など、集団感染のリスクの軽減

 教室などのこまめな換気を実施します。

 飛沫を飛ばさないよう、やむを得ない場合や場面を除き、必ずマスクを着用するように指導します。また、教職員、来校者もマスクの着用を徹底します。

※ 体育の授業や運動部活動では、人と人との距離を離しながらマスクを外して活動します。

 

(3)児童生徒の健康管理の徹底

 ご自宅では毎朝、引き続き、検温と健康観察をお願いします。なお、その結果を健康チェック表に書き、担任へ提出してください。

 マスク着用に伴い、今後、熱中症のリスクが高まる可能性があるため、室温調整やこまめな水分補給などを実施します。

3.新型コロナウイルス感染症に関する学習

 児童生徒が感染の危険を自分で判断してこれを避ける行動をとることができるようになるため、そして、感染者やその家族をはじめとする濃厚接触者などへの偏見や差別を決して生まないために、児童生徒の発達段階に応じた「新型コロナウイルス感染症に関する学習」をすべての学年で実施し、児童生徒一人一人が新型コロナウイルス感染症についての正しい知識を身に付けることができるように、各校で取り組んでいきます。

4.各教科等の指導における留意事項

 教室内の座席と座席の間隔をできる限り広く確保するなど、座席配置を工夫します。

 児童生徒同士の話し合い活動などは、近距離での会話にならないようにします。

 感染症対策を講じても、飛沫感染などの可能性が高いと思われる学習については、学習の順序を変更するなどの工夫を行い、当面の間その学習を行わないなどの対応を取ります。

5.給食の実施について

以下の点に留意し、6月1日(月曜)から給食を実施します。

 給食の配膳を行う児童生徒及び教職員は、衛生的な服装・手洗い・手指の消毒を十分に行った上で配膳します。なお、当面の間、配膳の際は使い捨てのポリ手袋を使用します。また、給食当番はもとより、児童生徒全員が、食事の前の手洗い・手指の消毒・机の消毒を徹底します。食事中は、「飛沫を飛ばさないよう会話を控える」「向かい合わせに座って食べない」などの対応を取ります。

 配膳中の感染防止のため、配膳にかかる時間短縮を図ることとし、栄養面に考慮した上で献立の品数を減らし、一品ずつの量を増やす対応を取ります。

 給食実施に心配のあるご家庭は、弁当を持参していただくことも可能です。

※ 弁当持参については学校への届出が必要になります。詳しくは、5月20日付で配布している「学校再開時の給食等について」をご確認ください。

 食事中の飛沫飛散を防ぐため、児童生徒の机に飛沫飛散防止ガードを設置する予定です。

6.部活動について

 中学校では、以下に留意し、6月1日(月曜)以降、徐々に部活動を再開します。

 6月1日(月曜)から5日(金曜)までの間は、活動時間は1時間以内とし、6月8日(月曜)以降においても、原則、校内で短時間の活動にします。

 接触度の高い活動や練習は行いません。また、部室等においても、一度に多数の生徒が使用しないなど、人の密度を下げるとともに、換気を十分に行います。

7.授業時数の確保や学校行事などの見直しについて

 授業時数の確保のため、令和2年度の夏休みは、8月8日(土曜)から8月23日(日曜)までの16日間とします。

 令和2年度の学校行事等については、感染防止や授業時数確保などのため、延期や中止なども含めた見直しを進めます。詳しくは各学校からお知らせします。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 教育総務課
〒649-0392 和歌山県有田市箕島50
電話:0737-22-3758
ファクス:0737-82-1834
教育委員会 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。