ストップ風疹 赤ちゃんを守れ

ページID1001875  更新日 平成30年10月30日

印刷大きな文字で印刷

ロゴマーク:「ストップ風疹」ストップ風疹プロジェクト

2018年の風疹の患者数は、大幅に増加しております。
風疹は、母親が妊娠中に風疹に感染したことで生まれてくる子供に目や耳に障害が出る「先天性風疹症候群」の恐れがあります。風疹の感染拡大を食い止め、企業や医療関係者、マスコミなどさまざまな分野が連携し、それぞれのノウハウで風疹に対する正しい知識や予防接種の必要性などの啓発活動を進めています。

当院でも医療安全のため、風疹などの感染症の拡大予防に取り組んでいます。

  • 手洗いの徹底
  • せき症状のある患者さんへのマスク着用のお願い
  • 発熱や発しんのある患者さんを別の待合室へご案内

確実な予防法はワクチンの接種です。※当院でも風疹のワクチン接種は可能です。
妊娠を希望する女性、妊婦の夫など家族、職場の人はワクチンを!!

このページに関するお問い合わせ

市立病院
〒649-0316 和歌山県有田市宮崎町6
電話:0737-82-2151
ファクス:0737-82-5154
市立病院 へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。