医療管理部・医療相談室

ページID1001841  更新日 平成30年10月17日

印刷大きな文字で印刷

「良質な医療を行い地域医療に貢献し、利用者から信頼される病院を目指す」という基本理念に基づき、安心してみなさまに医療を受けていただけるよう、医療安全対策を実施しています。また、平成25年度から「医療相談室(相談窓口)」を設置し、患者さんやご家族からの様々な相談をお受けいたします。不安に思っていることや疑問に感じたことがありましたら、遠慮無くご相談下さい。

医療相談室

図:医療相談室

社会的・経済的・精神的な悩みを抱えておられる方に対して、医師・薬剤師・看護師・社会福祉士・事務職員(医務課)・栄養士など、専門の担当者がご相談をお受けいたします。相談により、患者さんが不利益を被ることはありません。
秘密は厳守いたします。

以下のようなこともご相談ください。

  • 医療や福祉の制度に関すること(高額医療制度など)
  • 薬に関すること
  • 食事・栄養に関すること
  • 職員や設備などへの不満や要望など
  • 治療に関すること
  • 医療安全に関すること
  • 治療費に関すること

お問い合わせは下記の担当者が対応いたします。

医療相談室所属 看護師・社会福祉士等

受付時間
平日8時30分~17時15分
(土曜・日曜・祝日 12月29日~1月3日を除く)
事務所
有田市立病院内 管理棟2階(眼科近く)
電話番号
0737-82-2151(代表)、内線356、PHS 852

医療安全対策部門

主な活動

  • 医療安全確保のための業務
    重大な事故がおこる前には、多数のインシデント(エラー)が発生しているといわれています。当院では、院内で発生したインシデント(エラー)は報告するという体制が整っています。
  • 院内の定期巡回
    院内を定期的に巡回し、適切に医療安全対策が実施されているか評価しています。
  • 安全確保のための掲示
    不審者情報(盗難注意)、転倒・転落など危険防止対策の掲示等、患者様の安全確保のための掲示をおこなっています。
  • 医療相談室との連携
    入院及び外来でのお困りのこと・改善が必要と思われること等、医療安全に係る患者様・家族様のご相談に関して、医療相談室担当者と連携を図り安全確保に努めています。医療安全に係るご相談は、医療安全管理者が直接お受けすることもできます。
  • 職員研修
    全職員を対象に、医療安全を向上させることを目的とする医療安全研修を定期的におこなっています。

その他

使用済み針入れ容器配布

写真:使用済み針入れ容器

在宅医療で使用されたインスリンの針や血糖値測定用穿刺針が、一般ゴミとして廃棄され、収集時に『針刺し事故』を起こしたと報告されることがあります。
当院では『使用後の針入れ専用容器』をお渡しし、インスリンの針や血糖測定用穿刺針の回収にご協力いただいております。

ご注意いただくこと

  • お渡しした容器には、針のみお入れください。
  • 容器の8分目くらいまで針が溜まりましたら受診時にご持参ください。
  • 容器には約100本の針が入りますが、次回受診時までいっぱいとなった場合にはペットボトル(固めの物)等の代用をお願いします。
  • インスリンのカートリッジ、ペン型インスリン等は別容器(ナイロン袋可)に入れ、お持ちいただき医療廃棄処理をしてください。

このページに関するお問い合わせ

市立病院
〒649-0316 和歌山県有田市宮崎町6
電話:0737-82-2151
ファクス:0737-82-5154
市立病院 へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。