有田市

所得控除一覧表

種 類
住民税の控除額
所得税の控除額
雑損控除

次のいずれか多い金額
①(損失の金額-保険等により補てんされた額)-(総所得金額等×1/10)
②(災害関連支出の金額-保険等により補てんされた額)-5万円

住民税と同じ
医療費控除

支払った医療費-保険等により補てんされた額-10万円(所得金額の合計額が200万円までの方は所得金額の合計額の5%)
ただし、控除額の上限は200万円

住民税と同じ
社会保険料控除 国民健康保険料、国民年金保険料、介護保険料などの支払った額 住民税と同じ
小規模企業共済等掛金控除 小規模企業共済法などの規定による掛金の支払った額 住民税と同じ
生命保険料控除

別表参照

別表参照

地震保険料控除

①地震保険料のだけの場合
支払った保険料が
ア.50,000円以下の場合...支払った保険料×1/2
イ.50,000円を超える場合...25,000円

②旧長期契約だけの場合
支払った保険料が
ア.5,000円以下の場合...支払った保険料の全額
イ.5,000円を超え15,000円以下の場合...支払った保険料×1/2+2,500円
ウ.15,000円を超える場合...10,000円

③地震保険料と旧長期契約の両方ある場合
ア.①及び②で計算した金額の合計額が25,000円以下の場合...当該合計額
イ.①及び②で計算した金額の合計額が25,000円を超える場合...25,000円

①地震保険料のだけの場合
支払った保険料が
ア.50,000円以下の場合...支払った保険料の全額
イ.50,000円を超える場合...50,000円

②旧長期契約だけの場合
支払った保険料が
ア.10,000円以下の場合...支払った保険料の全額
イ.10,000円を超え20,000円以下の場合...支払った保険料×1/2+5,000円
ウ.20,000円を超える場合...15,000円

③地震保険料と旧長期契約の両方ある場合
ア.①及び②で計算した金額の合計額が50,000円以下の場合...当該合計額
イ.①及び②で計算した金額の合計額が50,000円を超える場合...50,000円

寄付金控除

税額控除により控除

国や市町村、公益法人、政治活動に関する寄付金などを支払った場合につき、次のいずれか少ないほうの金額

①寄付金の合計額-2,000円

②総所得金額等×40%-2,000円

障害者控除 本人、控除対象配偶者又は扶養親族が障害者である場合...26万円(特別障害者については30万円) 本人、控除対象配偶者又は扶養親族が障害者である場合...27万円(特別障害者については40万円)
寡婦控除 夫と死別あるいは離婚した後再婚していない方で扶養親族のある方や夫と死別した後再婚していない方で合計所得金額が500万円以下の方..26万円
上記のうち合計所得金額が500万円以下で扶養親族である子を有する方...30万円

夫と死別あるいは離婚した後再婚していない方で扶養親族のある方や夫と死別した後再婚していない方で合計所得金額が500万円以下の方..27万円
上記のうち合計所得金額が500万円以下で扶養親族である子を有する方...35万円

寡夫控除 妻と死別あるいは離婚した後再婚していない方で扶養親族である子を有し、かつ合計所得金額が500万円以下の方...26万円 妻と死別あるいは離婚した後再婚していない方で扶養親族である子を有し、かつ合計所得金額が500万円以下の方...27万円
勤労学生控除 勤労学生である場合...26万円 勤労学生である場合...27万円
配偶者控除

他の人の扶養親族や事業専従者に該当しない配偶者で合計所得金額が38万円以下の方...33万円
上記のうち配偶者が70歳以上の場合...38万円

他の人の扶養親族や事業専従者に該当しない配偶者で合計所得金額が38万円以下の方...38万円
上記のうち配偶者が70歳以上の場合...48万円

配偶者特別控除

配偶者が控除対象配偶者に該当しない場合でも合計所得金額が76万円未満であるとき以下の控除(ただし、本人の合計所得金額が1000万円を超える場合は控除はありません)
配偶者の合計所得金額が
・380,001~449,999円・・・33万円
・450,000~499,999円・・・31万円
・500,000~549,999円・・・26万円
・550,000~599,999円・・・21万円
・600,000~649,999円・・・16万円
・650,000~699,999円・・・11万円
・700,000~749,999円・・・ 6万円
・750,000~759,999円・・・ 3万円
・760,000~     ・・・0万円

配偶者が控除対象配偶者に該当しない場合でも合計所得金額が76万円未満であるとき以下の控除(ただし、本人の合計所得金額が1000万円を超える場合は控除はありません)
配偶者の合計所得金額が
・380,001~399,999円・・・38万円
・400,000~449,999円・・・36万円
・450,000~499,999円・・・31万円
・500,000~549,999円・・・26万円
・550,000~599,999円・・・21万円
・600,000~649,999円・・・16万円
・650,000~699,999円・・・11万円
・700,000~749,999円・・・ 6万円
・750,000~759,999円・・・ 3万円
・760,000~     ・・・0万円

扶養控除

他の人の扶養親族や事業専従者に該当しない扶養親族で合計所得金額が38万円以下の方
①1人につき33万円
ただし、16~22歳である場合45万円、70歳以上である場合38万円

②自己又は自己の配偶者の直系尊属(両親、祖父母など)で、同居している70歳以上の扶養親族の場合45万円


他の人の扶養親族や事業専従者に該当しない扶養親族で合計所得金額が38万円以下の方
①1人につき38万円
ただし、16~22歳である場合63万円、70歳以上である場合48万円

②自己又は自己の配偶者の直系尊属(両親、祖父母など)で、同居している70歳以上の扶養親族の場合58万円

基礎控除 どの納税者にも一律に...33万円 どの納税者にも一律に...38万円


こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A