有田市

マイナンバーの通知カードとマイナンバーカード

 マイナンバー制度では、マイナンバー(個人番号)の通知カードとマイナンバーカード(個人番号カード)の2種類のカードが取り扱われます。

 

マイナンバー(個人番号)の通知カード

・「マイナンバーの通知カード」は割り振られた12桁のマイナンバー(個人番号)をお知らせする紙製のカードです。

~どんな時にマイナンバーは必要なの? ~

 平成28年1月から、順次、社会保障、税、災害対策の行政手続で必要となっています。具体的には、以下のようなケースで提供していただく必要があります。

 ・年末調整や、源泉徴収票の作成、雇用保険の手続で勤務先へ
 ・雇用保険の失業給付の手続でハローワークへ
 ・資産運用の手続で銀行や証券会社へ
 ・福祉や介護の手続で市区町村へ
 ・税の確定申告などの時に税務署へ
 ・児童手当や出産育児一時金などの申請時に市区町村や保険組合へ
 ・生命保険、損害保険、共済の受取時に保険会社や組合へ
 ・災害時の支援制度の利用申請時に市区町村へ
 ・アルバイトやパートを始める時にバイト先やパート先へ

・住民登録されている住所に「マイナンバーの通知カード」が平成27年10月以降、送付されています。マイナンバーは一生使うものですので、大切に保管してください。
 ※紛失した場合、再交付には手数料が必要になります。

・「マイナンバーの通知カード」は本人確認の身分証としては使っていただけません。

・住所や氏名が変わったときは「マイナンバーの通知カード」の記載内容を変更しますので、住所変更等の手続きの際に市民課窓口にご持参ください。

「マイナンバーの通知カード」をまだ受け取っていない方はこちらのページをご覧ください。


  マイナンバーの通知カード

 

マイナンバーカード(個人番号カード)

・ICチップのついたカードで、表面には氏名・住所・生年月日・性別・顔写真が掲載され、裏面には12桁のマイナンバーが記載されています。身分証にもなりますので、マイナンバーの提示と本人確認が、一枚で完結できます。

・e-taxなどの各種電子申請に利用できます。

・平成29年秋頃から本格運用が始まる「マイナポータル」にログインできます。マイナポータルを通じて、予防接種や乳幼児健診のお知らせなど行政サービスのお知らせがオンラインで届いたり、児童手当や保育所入所の申請などの子育ての手続がオンラインでできるようになります。

・「マイナンバーカード」の交付を受けるときは、引き換えに「マイナンバーの通知カード」を市民課窓口に返納することとなります。

・「住民基本台帳カード」をお持ちの方は「マイナンバーカード」取得の際には、「住民基本台帳カード」を返納することとなります(「マイナンバーカード」と同時に所持できません)。

・住所や氏名が変わったときは「マイナンバーカード」の記載内容を変更しますので、住所変更等の手続きの際に市民課窓口にご持参ください。

マイナンバーカードの申請・受取方法につきましてはこちらのページをご覧ください。

   マイナンバーカード表面      マイナンバーカード裏面

 

住民基本台帳カードについて

・住民基本台帳カードの新規交付、再交付及び更新は、平成27年12月28日をもって終了いたしました。

・現在発行されている住民基本台帳カードは有効期限までお使いいただけます。ただし、電子証明書の利用を希望される場合は、有効期限内であっても電子証明書の有効期限に達した時点でマイナンバーカードに切り替える必要があります。

※住民基本台帳カード向け公的個人認証サービスの電子証明書発行業務は、平成27年12月22日をもって終了いたしました。

・マイナンバーカードを取得するときには、住民基本台帳カードを廃止・回収しますので、マイナンバーカード受け取りの際にご持参ください。

 

関連リンク

マイナンバーカード総合サイト

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A