有田市

木造十一面観音立像(広利寺)

寄木造、金箔を施されて切り金模様をはめた仏像。像内墨書銘によれば、南北朝時代、正平8年(1353)に頼円、頼基、実円によって作られたことが明らかである。

明治31年の仏像修理の際、像内から八巻の経巻が出ている。

像高:120.0cm

所在地

有田市宮原町畑 広利寺

備考

明治30年12月28日国指定

平成8年6月27日追加指定(像内納入品)

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A