有田市

木造十一面観音立像(円満寺)

左手肘先を別材製とするほか、桧の一材より彫出する。胸前を飾る瓔珞も古式で、製作は奈良時代にさかのぼる。肉身の漆箔、衣部の古色は後補だが木部の保存状態は良く、全国的にも遺例の少ない奈良朝木彫像として貴重なものである。

像高:123.0cm

所在地

有田市宮原町東 円満寺

備考

平成8年6月27日国指定(美術工芸品(彫刻))

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A