有田市

21年ぶりに里帰り!野井銅鐸について

21年ぶり!!

有田市千田で出土した野井銅鐸(和歌山県指定文化財)が

里帰りします!

【PDFチラシ 0.2MB】

野井銅鐸って?

 野井銅鐸は、有田市千田字野井で出土した銅鐸です。明治10年(1877)に、千田で発見されました。

 銅鐸は、弥生時代に祭器として使用されていました。一般的に、銅鐸をならして音を「聞く銅鐸」から、人や動物などをあらわした絵を「見る銅鐸」へと移り変わると理解されています。銅鐸に絵をあらわしたのは、農耕をたたえることに起因しているのではないかといわれています。野井銅鐸は、「聞く銅鐸」に属します。和歌山県北部には「聞く銅鐸」、南部には「見る銅鐸」が多いといわれています。和歌山県指定文化財。

 

【概 要】

期 間:平成30年1月20日(土)~3月4日(日)

主 催:有田市教育委員会

休館日:水曜日、2月21~23日(展示替えのため)

開館時間:9:30~17:00

会 場:有田市箕島27 有田市文化福祉センター内 4階 有田市郷土資料館

 

関連事項

歴史講座 「有田の歴史再発見!」

 

有田市郷土資料館へ戻る

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A