有田市

地域福祉計画

地域福祉とは

 自分たちが住んでいる地域で、だれもが安心して生活を送れるよう、市民のみなさん、関係団体、関係機関、行政が協力してお互いを支え合える地域づくりを進めていくものです。

地域福祉は、地域住民の主体的な参加が大前提であり、地域住民の参加がなければ成り立たないという特徴を持っています。

地域福祉の必要性

 これまでの伝統的な家庭や地域の相互扶助機能は弱体化し、地域住民相互の社会的なつながりも希薄化するなど地域社会は変容しつつあるなかで、市民の安心と幸せを実現するためには、地域住民同士が思いやりを持って共に支え合い、助け合うという共に生きるまちづくりの精神が育まれ活かされることが必要不可欠となります。

有田市地域福祉計画について

有田市では「ともに支え合い、健康で安心して暮らせる福祉のまちをめざして」を指標としてH24年4月に「有田市地域福祉計画」を策定しました。

有田市地域福祉計画 冊子版.pdf(4MB)

有田市地域福祉計画 概要版.pdf(2.5MB)

広報ありだ掲載「地域福祉コーナー」

 地域福祉に関する情報を少しづつみなさまに知っていただくため、平成25年3月から有田市広報に「地域福祉コーナー」を掲載しています。広報でスペースの理由で掲載できなかった部分も、このホームページでは掲載しています。

第1回「地域福祉とは」(H25.3月号掲載) 

第2回「地元で地域福祉を支える人」(H25.4月号掲載) 

第3回「社会福祉協議会」(H25.5月号掲載)

第4回「高齢者とさりげない見守り」(H25.6月号掲載)

第5回「地域のつながりを子育てに活かして」(H25.7月号掲載).pdf(3.23M)

第6回「障害者に対する虐待の防止について」(H25.9月号掲載)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A