有田市

地域おこし協力隊の募集について

市では、「有田市西海岸五つ星プロジェクト」と題し、地域資源を磨き上げ、市民の誇りやまちの賑わいを形づくるプロジェクトを進行しています。その中でも矢櫃地区への移住推進について特に力を入れるべく、 地域住民と一緒になり、地域の将来を担っていく人材として、地域おこし協力隊を募集します。

募集職種

職種
募集要項
募集人員

勤務場所

賃金
地域おこし協力隊 募集要項(PDF形式:285KB)
1名程度
市役所等
月額180,000円

申込書:平成30年度臨時職員申込書(PDF形式:31KB)

活動内容

協力隊の活動は、

(1) 観光の振興に関する活動

(2) 農林水産業の振興に関する活動

(3) 地域の情報発信に関する活動

(4) 地域資源活用と販路拡大に関する活動

(5) 地域間交流及び移住促進に関する活動

(6) 地域協力活動

(7) その他市長が必要と認めた活動

を基本とし、以下の活動に従事していただきます。

・「有田市西海岸五つ星プロジェクト」の一つ「矢櫃地区」への移住推進に関する活動。具体的には、有田市移住交流拠点施設「くらしちゃる矢櫃」の利用者の受付関連事務、イベント企画、情報発信業務、くらしちゃる矢櫃運営協議会の会議運営等。

・「有田市西海岸五つ星プロジェクト」全体の情報発信活動等。

※「有田市西海岸五つ星プロジェクト」の活動内容につきましては、こちら

募集対象

【全体事項】 下記(1)~(8)全ての要件を満たす方

(1)年齢20歳以上、50歳未満の方(平成30年4月1日現在)

(2)生活の拠点を3大都市圏及び都市地域等から有田市内へ移し、住民票を異動させることができる方

(3)過疎地域の活性化に意欲があり、地域住民と生活をともにする意志のある方

(4)地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図れる方

(5)協力隊任期終了後も有田市に定住する意思のある方

(6)心身共に健康で誠実に職務を行うことができる方

(7)普通自動車運転免許を取得している方

(8)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

 

【活動に際して】 下記(1)~(3)全ての要件を満たす方

(1)活動に際して市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方

(2)土日及び祝日の行事参加や夜間の会議など、不規則な勤務に対応できる方

(3)パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作ができる方

※上記の「3大都市圏」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県とします。「都市地域等」とは、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法、沖縄振興特別措置法の規定による区域指定を受けていない地域とします。

雇用期間

平成30年8月1日~平成31年1月31日(更新の可能性あり)

その他上記の募集案内をご参照ください。

申込受付期間・提出書類

■平成30年7月2日(月)までに以下2点の書類を郵送してください。

1.平成30年度臨時職員申込書(PDF形式:31KB)

2.レポート

 題名

 ①あなたが考える地域おこし協力隊とは。

 ②これまであなたが培ってきた経験・知識・技術を、有田市が求める「移住・定住」業務にどのように活かせるか。

 ※①②合わせて800~1200字程度で作文してください

 ※A4サイズで書式自由、パソコン使用可。

試験日等

(1)第1次選考

 書類選考の上、結果を7月上旬に応募者全員に文書で通知します。

(2)第2次選考

 第1次選考合格者を対象に7月中旬に第2次選考試験(面接)を行います。詳細については、1次選考結果の通知の際にお知らせします(第2次選考試験に要する交通費及び宿泊費等は個人負担)。

(3)最終結果報告

 最終結果報告は、7月下旬に文書で2次選考受験者全員に通知します。

 ※詳細については、申込者に連絡します。

申込・問合せ

経営企画課まちづくり係(内線322)

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A