有田市

平成24年就業構造基本調査

  • 調査の概要
  • 調査の目的

  •  就業構造基本調査は、就業・不就業の実態を種々の観点からとらえ、我が国の就業構造を全国だけでなく、地域別にも詳細に明らかにし、国や都道府県における雇用施策、経済政策などの各種行政施策立案の基礎資料を得ることや学術研究のための利用に資することなどを目的として実施します。

  • 調査の期日 

  •  調査は、平成24年10月1日(月)午前0時現在によって行います。
  • 調査の地域と対象
  •  (1)調査の地域は、平成22年国勢調査の調査区のうち総務大臣が指定した約32,000の調査区です。
  •  (2)調査の対象は、(1)の調査区の中から選定した「抽出単位」に居住する約47万世帯の15歳以上の世帯員約100万人です。なお、「抽出単位」とは、調査区内にある住宅やその他の建物の各戸で、一つの世帯が居住できるようになっている建物又は建物の一区画のことをいいます。
  • 調査の流れ
  •  調査は、次のような流れによって行います。
  •  総務省-都道府県-市区町村-指導員-調査員-調査世帯
  • 調査の方法
  •  (1)調査員が、調査票を世帯に配布、収集及び質問することにより行います。
  •  (2)調査票は、世帯員各人が記入します。ただし、世帯に関する事項は、世帯主が記入します。
  • 結果の公表
  •  調査結果の集計は、独立行政法人統計センターにおいて行い、総務省統計局が集計結果を取りまとめて、平成25年7月末日までにインターネットで公表する予定です。

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A