有田市

新市民会館ホール愛称・ロゴマーク決定

 

 有田市では、身近に文化芸術に触れることができる快適なホールとともに、開架スペースの充実や学習スペースの確保など誰もが利用しやすい図書館を併設した新市民会館を現在建設中です。

 この新しい市民会館内に設置されるホールについて、愛称を募集したところ、市内外から210件ものご応募をいただきました。

 また、これと併せて新市民会館のイメージを表現したロゴマーク案を作成しました。

 ご応募いただいた作品とロゴマーク案について、外部有識者を交えた選考委員会を開催し、厳正な審査をおこなった結果、ホールの愛称とロゴマークを下記のとおり決定しました。

 今回決定した愛称とロゴマークを活用し、市民の皆さまに親しまれ、たくさんの方にご利用いただけるような、文化芸術の発信拠点を作り上げていきます。

 

■関連記事

(仮称)有田市地域交流センター新築工事基本設計案について

新市民会館にかかるホールの愛称募集について

 

新市民会館 ホール愛称

紀文ホール ロゴイメージ画像

『紀文ホール』

 有田みかんの名声を高めた200年以上語り継がれる大恩人「紀伊国屋文左衛門」、また、有田市最大のイベントである「紀文まつり」にちなんでご応募いただきました。

 有田を象徴するみかんに所縁のあること、歴史や物語を感じさせること、嵐の海を越えて江戸へみかんを送った「進取の気性」を想起させることなどから選考させていただきました。

 このホールで皆さまが最高の「きぶん」になれますように。

 

 ホール完成イメージ画像

(ホールの完成イメージ)

 

新市民会館 ロゴマーク

新市民会館ロゴマーク画像

 

 新市民会館の形状をモチーフにすると同時に、 山や川の流れを折り込み、有田市の頭文字「A」を立体的にマーク化したものです。

 下部の曲線は施設の顔である玄関付近の形状をイメージしており、そこから奥に進んでいくようにも上に上っていくようにも見ることができます。これには、文化や芸術を多角的に見てもらいたいという思いが込められています。

 このマークは新市民会館の玄関付近に掲示されるほか、イベントのポスターやパンフレット、施設内のデジタルサイネージなどで形を変えながら使用する予定です。

 

新市民会館ロゴマーク使用例画像

(ロゴマーク使用例)

新市民会館完成予想図画像

(施設外観イメージ)

 

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A