有田市

長寿医療制度が改善されました!(政府決定平成20年6月12日に基づく)

長寿医療制度が改善されました!(政府決定平成20年6月12日に基づく)

改善策①…所得の低い方の保険料をさらに軽減しました。

     該当する方につきましては、保険料額の変更通知をお送りしています。

     1.基礎年金だけで暮らしておられるなど所得が低い方

      (長寿医療制度の被保険者の全員が年金収入で80万円以下(その他の

     所得はない))

       一人当たりの定額の保険料(均等割)→9割軽減(平成21年度~)

        (注)平成20年度は、7割軽減の方は8.5割軽減となります。

     2.住民税非課税など所得の低い方(年金収入で153万円から211万
       円まで)

       所得に応じた保険料(所得割)→半分程度に軽減(平成20年度~)

       ※平成21年度からは、年金収入の多寡により軽減率が異なります。

改善策②…年金からの引き落としに代えて保険料の口座振替ができるようになりまし
     た。

     年金からの引き落としに代えて、下記に該当する方は、お住まいの市区町
     村(有田市にお住まいの方は、市役所健康課高齢者医療係)にて申出書を
     提出していただけば、保険料を口座振替で納めていただけます。

     ※申出書提出の際、市内金融機関での口座振替依頼書(本人控え)が必要
     になります。
     なお、市窓口にも口座振替依頼書を置いています。口座振替依頼書には通
     帳届出印が必要となりますのでご持参いただきますようお願いします。詳
     しくは、市にお問い合わせください。

      ◎これまで2年間、国民健康保険の保険料の納め忘れがなかった方
                         →本人の口座から振替

      ◎年金収入180万円未満の方で、世帯主や配偶者が、本人に替わって
       口座振替で保険料を支払ってくれる方 → 世帯主や配偶者の口座か
       ら振替

     ※保険料の納付方法を口座振替に変更した場合、世帯主や配偶者の方の社
      会保険料控除の額が増えることによって、世帯全体でみた場合の所得税
      や住民税の額が少なくなる場合があります。

      詳しくは、税務署またはお住まいの市区町村にお問い合わせください。

*長寿医療制度について、市内各種団体からの要請があれば、説明に伺います。

 また、制度についてわからないことなどあれば、お気軽にお問い合わせください。

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A