有田市

正善寺

正善寺大日如来座像

 古くは金剛寺と称した真言宗の寺であったといわれています。今は小堂と鐘楼をとどめる無住寺で、地域観音講の人々に守られています。

 本尊の大日如来座像は昭和45年に国の重要文化財に指定されています。像高84.3㎝、膝巾65.2㎝、胎内背面には康平5年(1062)の墨書名があり、旧態をよく保存し、わが国彫刻史上注目すべき逸品です。

 なお、同寺には他に阿弥陀如来像・聖観音像・(平安末期)・不動明王立像(室町期)が保存されています。

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A