有田市

宮原神社

 

 道の東山麓にあり、もと「八幡宮」といい、明治6年八幡神社となり、明治28年に宮原神社と改めた。誉田別命(応神天皇)、気長足姫命(神功皇后)、比売神の三神を祭り、明治40年に宮原村の20社ほどを合祀しており、滝、滝川原、道、畑、東、南(新町)の産土神です。弘仁7年(816)の創建で、弘安7年(1284)に再興したと伝えられています。一の鳥居に掲げている「八幡宮」の額は天和2年(1682)花山定誠の書と言われ、所蔵している「36歌仙額」は延宝5年(1677)に寄進されたもので、絵は法橋具慶、歌は藤原基時の作といわれています。

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A