有田市

施設サービス

介護保険で利用できるサービス

家庭などで利用する「居宅介護サービス」と施設に入所して利用する「施設介護サービス」があります

居宅介護(介護予防)サービス/施設介護サービス/地域密着型サービス

施設介護サービス

 ※要支援1・2の人は利用できません。

介護保険で利用できる施設サービスは3種類あります。治療が中心か、介護が中心か、またどの程度医療上のケアが必要かなどによって入所する施設を選択します。

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
    食事や排泄などで常時介護が必要で、自宅では介護が困難なお年寄りが入所します。食事、入浴、排泄など日常生活の介助、機能訓練、健康管理などが受けられます。
  • 介護老人保健施設 (老人保健施設)
    病状が安定し、自宅へ戻れるようリハビリに重点を置いたケアが必要なお年寄りが入所します。医学管理下での介護、機能訓練、日常生活の介助などが受けられます。
  • 介護療養型医療施設 (療養病床等)
    急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とするお年寄りのための、医療機関の病床です。医療、療養上の管理、看護などが受けられます。

※施設サービスは、要介護状態区分にあわせて施設ごとに必要なサービスが提供され、上限額は設定されません。

  • 施設介護サービスの利用者負担
    介護保険施設に入所した場合には、サービス費用の1割と食費、居住費、日常生活費のそれぞれの全額が利用者負担になります。
  • 自己負担限度額が設けられました。
    低所得の人の施設利用が困難とならないよう、下記に該当する人は所得に応じた負担限度額までを自己負担し、基準費用額との差額は介護保険から給付されます。(特定入所者介護サービス費)

     ※通所サービスにおける食費負担は除く。

負担限度額(日額)

 利用者負担段階

居住費等の負担限度額

食費の

負担限度額

ユニット型

個室

ユニット型

準個室

従来型

個室

多床室

第1段階

本人及び世帯全員が市民税非課税であって、老齢福祉年金の受給者、生活保護の受給者

820円

490円

490円

(320円)

0円

300円

第2段階

本人及び世帯全員が市民税非課税であって、合計所得金額+課税年金収入額が+課税年金収入額が80万円以下の人

820円

490円

490円

(420円)

370円

390円

第3段階

本人及び世帯全員が市民税非課税であって、利用者負担段階第2段階以外の人

1,310円

1,310円

1,310円

(820円)

370円

650円

※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額(  )内の金額となります。

  • 申請が必要です
    低所得による自己負担限度額の適用を受けるためには、有田市に申請して「介護保険負担限度額認定証」の発行を受けてください。

イラスト

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A