有田市

有田市の介護保険料

介護保険の財源(介護保険給付分)

介護保険は、みなさんが納める保険料と、公費でまかなわれています。

★の割合は各市町村の高齢者の割合によって多少変動します。

保険料 50% 公費 50%

第1号被保険者の保険料

23%

第2号被保険者
の 保険料

27

市の
負担金
12.5%
県の
負担金
12.5%
国の
負担金
25%

 

 

第1号被保険者(65歳以上の人)の介護保険料

算定方法

 基準額※をもとにして、所得等に応じた段階的な保険料が決められます。有田市の第1号被保険者(65歳以上の人)の、平成30年度から3年間の介護保険料の年額は下記のとおりです。

※基準額= 有田市の介護サービス総費用のうち65歳以上の人の負担分(23%)÷65歳以上の人数

段 階

対 象 者

割 合

保険料
(年額)

第1段階

       生活保護を受給している方

基準額
×0.45

34,560

老齢福祉年金を受給している方

課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方

第2段階

課税年金収入額と合計所得金額の合計 が80万円超えて120万円以下の方

基準額
×0.75

57,600

第3段階

課税年金収入額と合計所得金額の合計 が120万円超える方

基準額
×0.75

57,600

第4段階


課税年金収入額と合計所得金額の合計 が80万円以下の方

基準額
×0.90

69,120

第5段階

課税年金収入額と合計所得金額の合計 が80万円を超える方

基準額

76,800

第6段階

合計所得金額が120万円未満の方

基準額
×1.20

92,160

第7段階

合計所得金額が120万円以上

200万円 未満の方

基準額
×1.30

99,840

第8段階

合計所得金額が200万円以上

300万円 未満の方

基準額
×1.50

115,200

第9段階

合計所得金額が300万円以上の方

基準額
×1.70

130,560

 

納め方

 保険料は65歳到達月の分から納めます。各被保険者の年金受給額等によって「特別徴収」と「普通徴収」の2種類の納め方があります。


特別徴収(年金からの天引きによる納付)

 対象者:年金が年額18万円以上の人

 年金の定期支払い(年6回)の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれます。

 前年度から特別徴収の人の保険料は、4・6・8月は仮に算定された保険料を納め、10・12・2月は確定した保険料を納めます。

 老齢基礎年金・厚生年金などの老齢(退職)年金のほか、遺族年金、障害年金も特別徴収の対象となります。

 

普通徴収(口座振替または納付書による納付)

 対象者:年金が年額18万円未満の人、年金が年額18万円以上で下記に該当する人

    ●年度途中で65歳になった人

    ●年度途中で保険料額や年金額が変更になった人

    ●年度の初め(4月1日)の時点で年金を受けていなかった人

    ●年金が一時差し止めになった人  など

納期は、7月から翌年3月までの9回です。

保険料の納付は、便利な口座振替でどうぞ。

納付書の場合は、コンビニ収納もご利用いただけます。

 

 

第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)の介護保険料

 40歳以上65歳未満の人の保険料は、加入している医療保険の算定方法により、医療保険ごとに設定されます。

 保険料は、健康保険や国民健康保険などの医療保険に介護分を上乗せして、一括して徴収されます。

 


こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A