有田市

熱中症に気をつけましょう

熱中症は気温などの環境条件だけでなく、体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さに慣れていないときは注意が必要です。

熱中症の予防法

こまめに水分補給をしましょう

熱中症の予防には水分補給が大切です。のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。またたくさん汗をかいた時は塩分が摂れるスポーツ飲料や経口補水液などを利用しましょう。

暑さを避けましょう

室温の目安は28℃です。窓を開けて風通しを良くし、扇風機やエアコンなどを上手く使って室温を調整しましょう。

涼しい服装を心がけましょう

通気性の良い、吸湿・速乾性の高い服装を心がけ、帽子や日傘で日よけ対策をしましょう。また、襟元をしめると熱や汗が逃げにくくなるため、できるだけ緩めましょう。

体調を整えよう

栄養バランスのとれた食事や睡眠をしっかりととりましょう。

適度な休息をとりましょう

疲れているときは特に熱中症になりやすいです。無理をしないで適度に休息をとりましょう。

高齢の方の注意点

高齢の方は暑さやのどの渇きをを感じにくくなったり、体温を調節する機能が低下するため、室内にいても熱中症になる危険性があります。

  • のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分補給をしましょう。
  • 室内に温度計を置いて、室温をこまめに測りましょう。
  • 暑さをがまんせず、扇風機・エアコンを上手に利用しましょう。

小さなお子さんの注意点

子どもは体温調節機能が十分に発達していないため、熱中症のリスクが高まります。また、気温が高い日には地面に近いほど気温が高くなるため、身長の低い子どもは大人以上に暑い環境にいる事になり、いっそうの注意が必要です。

  • こまめに水分補給をしてあげましょう。
  • 通気性の良い服装を心がけましょう。
  • 日ごろから適度な外遊びで暑さに慣れさせてあげましょう。
  • 車の中は非常に高温になります。車から離れる場合は、たとえ短時間であっても子どもだけを車内に残さないようにしましょう。

熱中症とは

暑い環境の中で、体内の水分や塩分バランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことで発症します。特に高齢者、乳幼児、高温下での労働、運動時に発症しやすく注意が必要です。

症状が重くなると生命に危険が及ぶこともあります。

熱中症の症状

  • 軽度

    めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

  • 中度

    頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感

※軽度・中度の場合は、涼しい場所で首の後ろやわきの下、足の付け根などを冷やし、水分・塩分を補給しましょう。症状が改善しない場合には、医療機関を受診しましょう。

  • 重度

    意識がない、けいれん、体温が高い、まっすぐに歩けない

※重度の場合、周囲の人はすぐに救急車を呼びましょう。

関連情報

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A