有田市

市長の活動 2月

市長の主な活動(2/13~2/26)

 

◇ 2/14(火) 来客

           和歌山県国保連合会理事会

◇ 2/15(水) 担当部署との協議

           予算査定(市長査定)

◇ 2/16(木) 和歌山県市長会役員会

◇ 2/17(金) 庁内連絡会議

           来客

◇ 2/18(土) 有田市スポーツ賞表彰式

◇ 2/19(日) 和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝大会

           いも茶がゆともちつきの集い

           「みかんの里で踊りまshow!」交流会

           ジュニア駅伝有田市チーム慰労会

◇ 2/20(月) 新聞社取材

           各部署との協議

           SEND TO 2050 IN有田 表彰式

◇ 2/22(水) 各部署との協議

           職員互助会ボーリング大会

◇ 2/23(木) 人権尊重地区別学習会全体反省会

           各部署との協議


2月20日(月)

SEND to 2050 in有田表彰式

 午後4時より、有田市役所にてSEND to 2050 in 有田表彰式を行いました。

 「未来に夢と希望を持ち、地域づくりに対する思いを描く」ことを目的とし、私も昨年7月に市内3中学校に招いていただき、講話をさせていただきました。

 中学生の皆さんが2050年になった時、どんなまちづくりをしていきたいのかを思い描いて作文にしていただいたもので、その入選者の皆さんに各賞の表彰をさせていただきました。

 皆さんの作品を全て拝見いたしましたが、素晴らしい夢を持っていると感じさせられ、また、私の描く未来のまちづくりと合致している作品もありました。

 この夢を持って、また、夢に向かって何事にも挑戦していただきたいと思います。

 


2月19日(日)

第11回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会

 和歌山市の紀三井寺競技場から県庁前までの21.1km、10区間をみんなの気持ちを一つにし、タスキをつなぎ頑張ってくれました。

 厳しい強化練習を重ね、昨年を上回る12位と健闘し、タイムも本市チームとしてはこれまでの最高を塗り替えました。

 選手の皆さんをはじめ、関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。


 

2月18日(土)

第34回有田市スポーツ賞

 昨年、各種スポーツ競技において、優秀な成績を収めた方に対する「有田市スポーツ賞」の表彰式を開催いたしました。

 第34回となる今回は、21名と5団体の皆さん方に各賞を贈呈いたしました。

 元来、有田市はスポーツの盛んなまちであり、これまでも多くのトップアスリートを輩出しております。

今回受賞された皆さん方には、今後も国内はもとより、世界の大会でご活躍されることを期待しております。

(受賞者の皆さん方)

(スポーツ顕賞)

(スポーツ賞個人)

(スポーツ奨励賞個人)

(スポーツ奨励賞団体①)

(スポーツ奨励賞団体②)

(スポーツジュニア賞)


市長の主な活動(2/1~2/12)

◇ 2/ 1(水) 各部署との協議

           来客

           予算査定(市長査定)

◇ 2/ 3(金) 国土交通省近畿地方整備局副局長挨拶

           来客

           予算査定(市長査定)

◇ 2/ 6(月) 各部署との協議

           新年互礼会反省会

◇ 2/ 7(火) 港連合自治会要望書提出・意見交換

           各部署との協議

◇ 2/ 8(水) 来客

           有田市水道組合要望書提出・意見交換

           ジュニア駅伝有田市チーム激励

◇ 2/ 9(木) 鎧塚俊彦氏と対談

           関西電力和歌山営業所長来所

           みかんジュース官能審査会

           ハリセンボンとの対談

           認定みかんジュース記者発表

           ハリセンボンのみかん教室

◇ 2/10(金) 庁内連絡会議

◇ 2/11(土) 子育て講演会(間 寛平氏)

           間 寛平氏との懇談

◇ 2/12(日) 第4回有田みかん海道マラソン大会


2月12日(日)

2012有田みかん海道マラソン

 午前9時より、マツゲン球場において2012有田みかん海道マラソンの開会式を行いました。

 ゲストランナーに間寛平さんを迎え、高低差155.5mという非常に厳しい10kmのコースを約600名の皆さんとともに駆け抜けました。

 ウォークの部にも約500名の皆さんに参加をいただき、楽しんでいただきました。

 当日は、機械類の故障等もあり、参加された方々にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

 また、開催にあたり関係者各位のご協力を賜り、誠にありがとうございました。

 なお、順位等詳細については本市ホームページをご覧ください。

 2012有田みかん海道マラソン記録集


2月11日(土)

間寛平さん講演会

 午後4時より、有田市文化福祉センターにて間寛平さんをお招きし、「アースマラソンの裏側すべて話します~夢を実現するための挑戦~」をテーマに講演会を開催いたしました。

 約400名の多くの皆さん方にご来場いただき、会場は笑いの渦に包まれました。

 誰もが為し得ない夢を実現するためには、夢や目標を声に出して突き進むことが大事とのことで、寛平さんはそれを実行し、アースマラソンという偉業を達成することができたという話が印象的でした。

 


 

2月9日(水)

ハリセンボンのみかん教室

 みかんジュース官能審査会の後、午後5時30分から文化福祉センターにおいて、ハリセンボンのみかん教室を開催いたしました。当日は、180名の小・中・高校生に参加いただきました。

 有田みかんの基礎知識、なぜ有田みかんがおいしいのかなど、ハリセンボンさんとともに授業をし、楽しく学んでいただくことができたと思います。

 参加された子どもさんたちが、将来の有田みかん大使を担っていただくことに期待しております。


 

2月9日(水)

みかんジュース官能審査会

 午後2時より、文化福祉センターにて第1回みかんジュース官能審査会を行いました。

 一昨年より取り組んでいるみかんの原産地呼称管理制度に続き、今年度、高品質なみかんジュースを市の認定品として品目に追加し、パティシエの鎧塚俊彦氏、マスターソムリエの髙野豊氏をはじめ、9名の委員に官能審査を行っていただきました。

 1個人、2法人から4銘柄のみかんジュースが申請され、厳正な審査の結果、全ての銘柄が認定されました。

 また、審査委員奨励品として、㈱早和果樹園の「味一しぼり」が選ばれました。

 当日は、有田みかん大使のハリセンボンさんにプレゼンターを務めていただき、認定された皆さん方に認定証を手渡しました。

 見事認定されましたみかんジュースをぜひ皆さんも飲んでみてください。

 認定みかんジュース一覧

 

 

3月へ→ 

 

←1月へ

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A