有田市

市長の活動 5月

5月28日(金)

東日本大震災被災地支援結団式

東日本大震災が発生し、救援物資の提供や義援金活動など、市民の皆さんの温かいご協力をいただいており、感謝申し上げます。

市といたしましても、地震発生より、岩手県山田町等へ職員の派遣を行っておりますが、派遣した職員からは、被災地では栄養豊富で手軽に食べられる果物や魚貝類が不足しているとの報告を受けておりました。

そこで私たちのまちの特産物である有田みかん、みかんジュース、しらす干し、ハモ団子を直接支援したいと考え、有田地方1市3町で合同支援を行うことになり、私も現地に赴きました。

現地入りするに当たって、以下の3点に目的を設定し、実のあるものにしたいと思っております。

  • 1.みかんの産地、漁業のまちの市長として、栄養たっぷりの物資を被災された皆さんにお届けし、少しでも元気を出してもらうこと。
  • 2.「がんばろう日本」の名のもと、長期化が見通される復旧、復興に向けニーズにあった支援が求められる中、私たちがどのような支援行動を起こすべきかを勉強すること。
  • 3.自然の猛威を直接肌で感じ、今回の震災を教訓に有田市における防災、減災に生かすべく活動すること。

活動の詳細や感じたことにつきましては、後に掲載させていただきます。


5月26日(水)

有田みかんナイターデー

 昨年に引き続き、阪神甲子園球場にて「有田みかんナイターデー阪神VSロッテ」を開催いたしました。

今年は有田川町さんとの合同で開催し、互いのまちと有田みかんをPRをしてきました。

来場者には、観光パンフレットはもちろん、市が取り組んできたAR-ARIDAや氷結ワイン・リキュール、原産地呼称管理制度などのパンフレットをお配りしました。

活力あふれる元気な有田市の取り組みを知っていただき、多くの方が有田市に興味をもってくださったことと思います。


 

5月15日(日)

有田みかんアイス(氷結)ワイン・リキュール発表会

 就任時から手がけてまいりました有田みかんを使用した特産品開発ですが、関係者のご協力を得て、ついに商品化にいたりました。

 当日は花野食品さんから「有田みかんのアイスなワイン」、また安曇野ワイナリーさんから「姫木花」(ひめきばな)のアイス(氷結)ワイン、「薫木花」(かほりきばな)のリキュールを発表いたしました。

 発表会後に開催した試飲会には、多くの方々にお越しいただき、会場からはおいしかったという声が聞かれました。

 今後、地域の活性化にもつながっていければと思っております。

当日の記者会見の様子です。

試飲会は大盛況でした。


5月14日(土)

第10回みかんの花街道ウォーク

 好天に恵まれ、毎年ご好評いただいているみかんの花街道ウォークが開催されました。

 当日は県内外から174名の皆さんがご参加をいただき、甘酸っぱいみかんの花の香りを楽しんでいただきました。

 ウォーク終了後には、みかんが当たるクイズや特産物・農産物の販売が催されました。

 今回はチャリティーイベントとして開催しており、参加者の皆さん、またスタッフでご協力いただいた関係者の皆さんには厚くお礼申し上げます。

 


 

5月8日(日)

第35回市民総合スポーツ大会開会式

 心地よい季節の中、午前8時から市民総合スポーツ大会開会式が開催されました。

 これから9月にかけて、18種の競技が繰り広げられます。

 日頃の練習の成果を発揮され精一杯プレーし、スポーツによる交流を深めることも忘れず頑張っていただきたいと思います。

 

 

6月へ→

←4月へ

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A