有田市

市長からごあいさつ 【7月】

市民力

 

 

 先月8日には永年にわたり、本市発展のため各分野においてご貢献いただいた皆さん方のご功績に対し感謝の意を込め、市政功労者表彰式を執り行いました。市政が施行され57年という月日が経過しましたが、あらためて多くの皆さん方のわがまちを思う地道な取り組みの大切さと、これまで積み重ねてこられた歴史のうえに、今日の豊かで幸せな有田市が存在することを実感しました。私たちはこのことを肝に銘じ、後世に伝えていくとともに市民の皆さんが誇りに思えるまちづくりを行ってまいります。

 さて、今年は昭和28年の7・18水害から60年目という節目の年であります。未曾有の大水害が本市に大きな被害をもたらし、多くの尊い命が奪われた自然災害の猛威を私たちは忘れることなく、正しく理解し、市民の皆さん方の生命と財産を守るべく対策を講じてまいります。

 先月開催しました防災講演会でも片田先生から「百年・千年に一度の大地震・津波は勿論のこと、毎年起こりうる大雨に対しても日頃からしっかり準備をしなければならない」というお話しをいただきました。台風シーズンを迎えるにあたり、これまでの経験則をもとに水害対策にも準備を怠ることなく、万全を期してまいります。

 本格的な夏の到来も間近となり、今月1日は地ノ島海水浴場の海びらきです。市内外から多くの方々が訪れることもあり、先月には東燃ゼネラル石油㈱や観光協会の方々のご協力を頂き、地ノ島ボランティア清掃が実施されました。また、今月7日には、市民の皆さん方のご協力のもと、有田川沿いを中心としたクリーン作戦を実施します。本市を訪れる観光客の皆さんをおもてなしする意味においても、まちを綺麗にするということは大切なことであり、ご協力をよろしくお願いします。

 誇れるまちづくりは昨日・今日・明日でできるものでなく、地道ながら日々の積み重ねのうえに成り立つものだと思います。「有田市に来てよかった、また来てみたい」そんなに思っていただけるまちを市民の皆さんと一緒に創りあげていくことが「協働のまちづくり」と考えており、まちの誇りを皆さんと共有したいと思います。

 

有 田 市 長   望  月  良  男

                             

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A