有田市

市長からごあいさつ 【9月】

地域ブランドサミットinありだ2012

 

 

“まちのブランド力を生かして”最近ではよく耳にするフレーズですが、このことはまちづくりの根幹に関わることで、まちづくりを進める中で基本的かつ不可欠な要素であると私は考え、これまで特にこだわりを持って取り組んでまいりました。

 地域ブランドが脚光を浴びる中、一方では「地域ブランドとは何?」といった疑問を持たれる方も少なくないのも事実です。このことについて私も市民の方から質問を頂いたり、マスコミの方々から取材を受けたりしますが、明確な定義があるわけでもなく、これだといった答えはなかなか難しいといったところが正直な思いです。

どのような考えをもつかは様々でしょうし、それはそれでまちの特色の一つだと思いますが、私はそのまち固有の歴史や文化、さらには産業、特産品、観光といったまちの特色や強み、さらには魅力などといった地域資源に行政の視点から「付加価値」を高め、他のまちとの差別化を図り、オリジナリティーを生かしながらまちの輝きを競い合い、情報発信をしていく、そのことが「まちの誇り」となり市民の方々は勿論のこと他の地域の方にも愛されることではないかとお話しをさせて頂いております。

 言い換えれば「地域ブランド」=「まちの宝」とも言えるのではないでしょうか。だとするならば私たちがまず「わがまちの宝」に気付くことが大切だと思いますし、創意工夫を凝らし、いろんな仕掛けをしながら地域ブランド力を高めていく取り組みを行っていかなければならないと考えております。

 その一つとして11月に「地域ブランドサミットinありだ」の開催を予定しております。

詳細については次月号でお知らせさせて頂きますが、全国津々浦々の自治体と民間企業がわがまち有田市に集結し、情報の共有や課題・問題点についてブランドアドバイザーの助言も頂きながら地域ブランドを確立していくといった内容のイベントです。

 この企画に賛同頂いた全国の自治体、民間企業とのネットワークを背景に、各々が相乗効果を生みだし、大きなうねりとして全国にまちの宝を発信し挑戦していく、地域を活性化していくことが、地域主権の時代に求められるものと信じて疑いません。

 基礎自治体が元気を出し、アクティブに行動することで、地域の方々が豊かな気持ちになれたり、まちに誇りを持てるそんな思いを胸に準備を進めておりますので皆さん方のご賛同をよろしくお願いします。

 

 

 

 

有 田 市 長   望  月  良  男

                             

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A