有田市

市長の活動 7月

7月26日(月)

ありだ共選第39回通常総会

午後2時より、文化福祉センターにて開催されました。

有田市のみかん生産量の4割以上占める、ありだ共選さんが先頭に立って市内のみかん農家を引っ張っていって頂けることは本当に心強い限りです。

行政としても有田みかんの更なるブランド化をはじめ、みかんの販売拡大等について取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 


 

7月21日(水)、22日(木)

原産地呼称管理制度説明会(21日:共選農家対象、22日:個選農家対象)

午後7時より、有田市民会館において農家の方を対象とした「原産地呼称管理制度」の説明会を開催しました。

この制度は有田市の特産品、特に有田みかんブランドの高品質なものを公的部門が認定・管理することで、消費者に安心・信頼を与える制度です。具体的にはまず、有田市内で生産された農産物や農産物加工品を対象に、明確化された基準に基づき栽培方法等による区別化を行います。更に、消費者の方が最も気になる「美味しさ」についても、消費者代表としての味の専門家による厳格な食味審査を実施することで、消費者目線での高価値商品とします。

今後も、農家の皆さんのご協力も頂き、この制度を更に良いものにしたいと思っています。そして、有田みかんの更なるブランド化を実現し、有田市をもっともっと元気にしていきたいと考えております。

 

 

 


 

7月20日(火)

「まちの自習室」開催

新しい試みですが、7月20日より中学生を対象とした「まちの自習室」を始めました。

これは、市が企画し夏休みに市内公民館において中学生を対象に勉強できるスペースを提供するもので、各公民館の自習室では市職員が静かに勉強できるスペースを確保しております。

夏休み期間中7回開く予定です。

【まちの自習室 開催日/場所】

○箕島公民館:7/20,7/23,7/27,7/30,8/3,8/6,8/10(17:30~19:30)

○保田公民館:7/23,7/28,7/30,8/4,8/6,8/11(18:00~20:00)

○宮原公民館:7/21,7/23,7/28,7/30,8/4,8/6,8/11(18:00~20:00)

○初島公民館:7/20,7/23,7/28,7/30,8/3,8/6,8/10(18:00~20:00)

 

 

 

 


 

7月16日(金)

米国人教育者が有田市役所訪問

日米両国民の相互理解を深め、日米間のより緊密な関係を築く事を目的に1907年に創立された「ジャパンソサエティ」。その活動の内の学校教育プログラムの一つとして10名のニューヨークの教員による日本教育研修旅行が企画され、研修の一つとして有田市役所を訪問してくれました。【主催:ジャパンソサエティ受入れ有田委員会(代表 山崎佳彦)】

皆さんで記念写真を撮った後、約1時間ではありましたが、主に日米相互の教育について、懇談させていただきました。

7月14日~16日の滞在期間中は、ホームステイや農業体験も行い、地域住民の方々と交流を深められたとのことです。

 

 


 

7月8日(木)

初島中学校にて講話

午前11時40分より、作文授業の一環として講話させてもらいました。

この授業は「将来(10~20年後)の有田市を考える」という内容で作文授業をする際に参考に市長の10~20年後のまちに対する夢を語ってほしいというお話を中学校から頂き、講話させてもらいました。

有田みかんの事など、活発に質問も頂きました。

 


 

 

7月4日(日)

第13回有田川クリーン作戦

午前7時より市内有田川周辺を15ブロックに分けて、清掃を行いました。

今年の有田川クリーン作戦には、約1,200人、40団体の市民の皆さんが参加され、約4トンのごみが収集されました。

参加された皆様、どうもありがとうございました。

今後とも環境美化をみんなで取り組み、私たちの住む有田市を美しいまちにしましょう。

 


 

7月1日(木)

第60回社会を明るくする運動

午前9時から、市役所2階玄関ロビーで第60回社会を明るくする運動の出発式を行い、そこで一言ご挨拶をさせていただきました。

平素より、青少年の健全育成及び非行防止活動等につきまして活動していただいていますことに心より感謝申し上げます。今後とも安心安全なまちづくりのため引き続きご尽力頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

←6月へ

8月へ→

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A