有田市

市長からごあいさつ 【9月】

明るい未来のために ~元気・勇気・決断力~

 

 先月は紀文まつりへ例年以上の多くの方々にお越しいただき、またイベント内容も市民の方々のご協力をいただき、工夫を凝らしながら盛り上げていただくなど、まさしく協働で開催できたことを意義深く思っております。

 さて、市長に就任してちょうど1年が経過しようとしていますが、この間、私は「何とか有田市を元気にしたい」という一心で走ってきました。そんな中、この夏、私は少し立ち止まってこの1年間を振り返りながら、今後の施策について考えたことをお伝えします。

 私は就任当初から限られた予算の中で優先順位を付けながら、市政運営にあたってきました。その中で私が最重要視しているのが、子供の生命を守るという観点から保育所や小・中学校の耐震問題についてであります。他の事業を先送りしてでも、速やかに耐震補強を実施したいとの考えのもと、市民の皆さん方のご理解を得ながら協議を重ねてきましたが、近々一定の方向性を示しながら、事業に着手したいと考えております。また、まちの活性化や特産品のPRという観点から、トップセールスにも奔走しました。今後もあらゆる機会を通じて全国、さらには世界にわがまちの特産品をPRしていきたいと考えています。他にはごみ減量化の推進やイベント誘致によるまちの活性化、さらには市民の方々との共同参画による市政運営などをこれまで以上にスピードアップして進めていきたいと考えております。現在、市役所では各施策のプロジェクトチームを立ち上げ、「将来のあるべき有田市像」について議論を重ねており、「明るい未来のために種をまいている」といったところであります。今後は速やかに実行し、具体的な施策として、市民の方々にお示しできるよう努めていきます。年内には自治会の方々の協力を得ながら、市民の皆さんとの懇談会を開催したいと思っております。変革の時代を迎えていますが、皆さん方と一緒にアクティブに行動し、夢を語り合いながら自分たちの手で活力あふれるまちをつくりましょう。  

有 田 市 長   望  月  良  男

                             

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A