有田市

市長からごあいさつ 【10月】

千秋万歳

 

 

 先月、日本の陸上競技男子100メートル競争において、桐生祥秀選手が9秒98の日本新記録を樹立したというニュースがありました。今から7年前の中学3年生で彼は10秒98を記録していたそうで、これまで絶えず目標を持ち、トレーニングを重ねてきたご努力に敬意を表するとともに、1秒という時間の壁の厚さと重さを改めて感じました。

 一方、同じ「100」でも、先日、新百歳を迎えられる方々を訪問し、長寿のお祝いをさせていただきました。歳月を重ねておられる皆さんの元気なお姿を拝見し、私の方が逆に頑張らなければという気持ちを抱きました。

 厚生労働省によりますと昨年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性が80.98歳といずれも過去最高を更新したそうです。それに対し、もう一つ「健康寿命」というのがあります。健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことです。平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約12年の差があるそうで、この差を短縮することができれば、健康でいきいきとした生活を最期まで送ることができます。

 そのためには、皆さんが目標や生きがいを持って、いきいきと暮らすことができる地域づくりが求められます。現在、本市では明るく活力に満ちた長寿社会を一緒に支え合う取組みを検討し、進めておりますので、今後とも引き続き、高齢者福祉の増進等にご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

有 田 市 長   望  月  良  男

                             

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A