有田市

市長の活動 11月

11月2日(木)

全体朝礼 

 来年度の予算編成について触れ、全体朝礼を行いました。

 「まちの魅力と活力を生み出す投資と持続可能な財政運営の両立」を基本的な考え方に掲げ、将来のために、抑制するための投資、また活力を出すための民間投資も引き出すような施策をしっかりと考え、前例を疑い、柔軟な発想と深い思考をしっかりともって予算編成に当たっていただきたい、と思いを伝えました。

 市役所全体が知恵と工夫でチャレンジしていく姿勢でありたいと思います。

 

11月2日(木)

街頭啓発・企業訪問啓発の出発式 

 「人権を考える強調月間」「同和運動推進月間」に伴う街頭啓発・企業訪問啓発のため、人権尊重委員の皆様にお集まりいただき、市役所のロビーで出発式を行いました。

 皆様には、この後、市内企業28社や市内スーパーにて啓発活動を行っていただきました。私たちの環境を取り巻くあらゆる人権に関する諸問題に、日々粘り強く活動を展開していただき、心から感謝を申し上げます。

 

11月4日(土)

今年初の「有田市認定みかん」が誕生 

 イオンモール神戸南で、有田市原産地呼称管理委員会第1回みかん官能審査会を開催しました。今年は台風の影響などもあり、収穫まで農家の皆さんは大変な一年だったもご苦労されたことと思います。

 今年初めての官能審査を行った結果、極早生温州10品、早生温州4品の合計14品のみかんが有田市みかん基準認定品として認定されました。

 本当においしい有田みかんを多くの方々に知っていただき、またそれが生産者の皆様の力となることを期待しています。

 

11月4日(土)

ノエル・アリダ・スイーツコンテスト2017 

 今年のスイーツコンテストは和歌山県を飛び出し、神戸で開催されました。

 全国から56作品の応募があり、書類選考を通過した10作品が審査され、見事、太田流菜さんの「サパン・ド・ノエル」が最優秀Toshi Yoroizuka賞に輝きました。マロンとみかんの味のバランスが良く、食感も楽しめるケーキです。

 12月に「Toshi Yoroizuka東京」をはじめ、県下5店舗でも販売されますので、皆様ぜひご賞味ください。

 

                                12月へ→

←10月へ

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A